マダガスカル島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意
マタガスカル島
マダガスカル島の衛星写真
座標
面積 587,041 km²
海岸線長 4,828 km
最高標高 2,876 m
最高峰 マロモコトロ山
最大都市 アンタナナリボ
所在海域 インド洋
所属国・地域 マダガスカルの旗 マダガスカル
テンプレートを表示

マダガスカル島 (Madagascar Island) は、アフリカ大陸の南東、インド洋西部に位置する世界第4位の面積を持つ。現在は、全域がマダガスカル共和国の領土となっている。

目次

概要

島の面積は、587,041km²で、島の広さはグリーンランド島ニューギニア島ボルネオ島に次ぎ、世界第4位である。島は南北方向に長く約1600kmで、東西方向で約570km。一番近い大陸であるアフリカ大陸までは、モザンビーク海峡によって隔てられており、その距離は約400kmである。

島の形成

島の形成に関しては諸説あるが、もともとがゴンドワナ大陸の一部でありモザンビーク造山帯の造山の影響も受けて現在の形になったという説が有力である。この説によれば、現在のインドとアフリカ大陸に挟まれていた部分が、大陸移動の影響により約6500万年前に分離したと考えられる。

19世紀半ば、イギリスの動物学者スクレーターが、曲鼻猿亜目がマダガスカル島およびマダガスカル島から5000kmも離れたスマトラ島スリランカに生息しているにも拘らず、アフリカ大陸に居ないことに気が付いた。彼は、マダガスカルがもともとはインドやスリランカなどと陸続きの1つの大陸であったと考え、この大陸のことをレムリア大陸と名づけたが、その後先述したように大陸移動説による説明が行われ、現在ではこの説は否定されている。ちなみにレムリアは、曲鼻猿亜目の一種であるワオキツネザルの属名レムールに由来するものである。

地形と地質

マダガスカル島は、南北に走る中央高原と、東側および西側の平原の三つに分けることができる。中央高原は、2,000m級の山々が存在し、高原で最も高いチャファジャボナは、標高2,643mである。マダガスカルの最高峰は、マロモコトロ山で標高2,876mである。

地質としては先カンブリア時代に形成された花崗岩が島の基盤となっている。サファイアなどの希少鉱物やアンモナイト化石などが多く発掘される。

気候

大まかに区分すると、マダガスカル全土は熱帯に属する。しかし島の中央に位置する高原が風を遮るため、島の東部、中央部、西部で大きく異なる。

冬の間(5月から9月)は島の南東から貿易風が吹き込み、島の東側は降水量が増える。一方で西側は逆に降水がほとんどない。

夏の間(10月から4月)は、アフリカ大陸からの季節風が強くなり、島の西側の降水量が比較的増え、東側は乾燥する。

中央高原は、熱帯山岳気候の特徴を示している。マダガスカルの首都、アンタナナリボは、標高約1300mで、南回帰線より赤道側にあるにもかかわらず冬の間10度を下回ることも珍しくない。

島の東部は、年間の降水量が2000mmから多いところでは3500mmにのぼる。一方、島の西側は乾季雨季の差が大きく、東側に比べて降水量は少ない。特に西側では南に進むほど降水量は少くなる傾向があり、島北西部では降水量が約1500mmであるが、島南西部では年間500mm程度の場所もある。島の北部にはサイクロンの襲来がある。

自然

哺乳類

マダガスカル島に住む哺乳類は極めて独特である。サル目内では、真猿類は分布せず原猿類のみ分布する。インドリベローシファカキツネザル科、日本では童謡でその名前がよく知られたアイアイ、世界最小の霊長類であるピグミーネズミキツネザルなどで、全原猿類のうち3/4がマダガスカル固有種といわれるほどである。

ジャコウネコ科(エウプレレス亜科)、マングース科(ワオマングース亜科)もマダガスカル固有で、テンレック科も多くの構成種がマダガスカル島固有である。

爬虫類

爬虫類は、300種を超えるものが確認されている。

両生類

両生類では120種類に及ぶカエルの存在が確認されている。 2009年5月、欧米の研究チームが200種に上る多数の新種を発見したと報じられた。

鳥類

鳥類は約200種が確認されており、そのうちの約半数がマダガスカル固有種である。

地球上で最も大きい鳥類に属するエピオルニス(『アラビアンナイト』に登場する怪鳥ロックのモデルとなった)がマダガスカルのみに生息していた。しかし、マダガスカルの人口が増えると、住民の乱獲や環境破壊により遅くとも19世紀初め頃に絶滅している。

植物

マダガスカル島には約6000種の植物が確認されており、そのうち約4000種が樹木、その植生も独特である。とくにバオバブは世界で8種類が確認されているが、そのうち6種類がマダガスカル島だけの固有種である。

川の河口付近には、マングローブの森が多く見られる。一方で、島の南西の乾燥地帯には、サボテンのような棘(とげ)を持つ草木の森が広がっている。

関連項目

[ マダガスカル島 ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/11 08:51)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲