在韓米軍慰安婦問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

在韓米軍慰安婦問題は、在韓米軍慰安婦(売春婦)に関する問題で、韓国の元慰安婦のグループが、1960年代から1980年代にわたり、米兵との性的行為を強制されたとして、当時の政府指導者、韓国政府、米軍をアメリカの裁判所に告発、損害賠償を求める訴訟を起こしたことから知られるようになった[1][2]

現在でも在韓米軍基地周辺などで外国人(フィリピン人、ロシア人)売春婦の存在が指摘されており、2010年にアメリカ国務省は現在進行中の人身売買であるとする報告を行った[3]

目次

元・在韓米軍慰安婦による告発

2009年1月7日(現地時間)、『ニューヨーク・タイムズ』(電子版)が報じた[1][2]。ニューヨーク・タイムズとのインタビューに応じた、元慰安婦の原告女性(Kim Ae-ran)は、韓国政府は米軍の一つの大きなポン引き(one big pimp)だったと主張している。当時韓国は貧しく、外貨が不足していたため、韓国当局者は慰安婦たちを称賛し、また売春行為を奨励していたとも主張している。原告女性は韓国当局者から「もっと体を売りなさい。あなたがたはドルを得る愛国者だ」と称賛されたとも、インタビューで語っている。

モンキー・ハウス

「モンキー・ハウス」は、性病を患った在韓米軍相手の慰安婦売春婦)を強制収監した施設。韓国警察が管理した施設とされる。性病を患った売春婦を在韓米軍憲兵と韓国当局が捜し出し、身柄を韓国警察に引き渡した上、モンキー・ハウスに収監した。施設の窓は鉄格子が施され、ドアはロックされた。施設では性病の治癒行為が行われ、性病が完治するまで、施設を出ることができなかったと、原告の女性は主張している[1]

韓国政府の対応

この在韓米軍慰安婦問題で、済州島四・三事件保導連盟事件国民防衛軍事件麗水・順天事件ライタイハン問題などと同様、韓国政府は被害者への補償を行っていない。また、韓国政府はアメリカ合衆国に対して損害賠償や謝罪を請求していない。

ただし、韓国政府は元日本軍慰安婦の補償と謝罪については1990年代、2000年代を通じて現在にいたるまで日本国に対しては請求を続けている(慰安婦を参照)。

ジューシーバー

現代においては、韓国でアメリカ軍を相手とするジューシーバーで働くフィリピン女性たちが人身売買の状況下に置かれている問題がある[3]。韓国では売春は違法行為であるがアメリカ軍相手の売春を行っているバーなどは当局の摘発対象外とされている[4]。アメリカ軍相手の売春を強要されているフィリピン女性たちは、フィリピンに進出している韓国企業によって韓国で歌手として働くためと称した募集に応じた女性たちである[5]在韓米軍自身もこれらの女性たちは歌手、ダンサーになることを夢見て韓国に来たが売春を強要されていることを報じている[3]

人身売買訴訟

1000人を超えるフィリピン女性、ロシア女性を米軍基地周辺のクラブで人身売買したとしてクラブ経営者が訴えられることもあったが韓国の裁判官は訴えを却下してきた[6]。しかし、2002年にアメリカのフォックステレビが韓国に人身売買された女性たちが売春を強要されていることを報じると[6]、翌年からは監禁され売春を強要させられていた一部のフィリピン女性への賠償を命じる判決を出したり、フィリピン女性たちを監禁して売春を強制していた経営者に対しては執行猶予、社会奉仕の判決を下すケースも存在するようになった[7]

2000年以降、韓国の売春宿に監禁されている外国女性などが多数火事で焼死する事件が相次いでいる[8]

2009年にアメリカ軍の機関紙である星条旗新聞は、韓国でジュースをクウォーター制で売る女性たちは売り上げ次第で店主から売春を強要させられていることを明らかにしている[3]

フィリピン政府の対応

これらの状況に対して、フィリピン大使館はフィリピン女性たちが売春を強制されているバーの監視リスト作成したり女性たちの裁判を支援する動きを見せている[9]

アメリカ政府の対応

2010年にアメリカ国務省は韓国の米軍基地周辺のバーで働く女性達の状況について、現在進行中の人身売買であるとする報告を行っている[3]

2012年在韓米軍はジューシーバーで高いドリンク代を支払うことは現代における奴隷制の一つである人身売買業を支援することであるとする動画をユーチューブに投稿した[10][3]

脚注

  1. ^ a b c Ex-Prostitutes Say South Korea and U.S. Enabled Sex Trade Near Bases New York Times 2009年1月8日
  2. ^ a b “韓国人元慰安婦、韓国政府と米軍を告発 NYタイムズ紙”. Yahoo!ニュース. 産経新聞. (2009年1月8日). オリジナル2009年1月8日時点によるアーカイブ。. http://s04.megalodon.jp/2009-0108-1940-39/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090108-00000542-san-int 
  3. ^ a b c d e f “US servicemen in Korea contribute to human trafficking: report”. プレステレビ. (2012年12月21日). http://www.presstv.com/usdetail/279266.html 2013年6月6日閲覧。 
  4. ^ Dujisin, Zoltán (2009年7月7日). “RIGHTS-SOUTH KOREA: Prostitution Thrives with U.S. Military Presence”. インター・プレス・サービス. http://www.ipsnews.net/2009/07/rights-south-korea-prostitution-thrives-with-us-military-presence/ 2013年6月7日閲覧。 
  5. ^ Robson, Seth (2005年8月6日). “Ex-bar worker who was forced into prostitution wins $5,000 judgment”. 星条旗新聞. http://www.stripes.com/news/ex-bar-worker-who-was-forced-into-prostitution-wins-5-000-judgment-1.36633 2013年6月7日閲覧。 
  6. ^ a b Macintyre, Donald (2002年8月5日). “Base Instincts”. タイム. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,333899,00.html 2013年6月7日閲覧。 
  7. ^ “Court rules in favor of Filipina prostitutes”. 中央日報英語版. (2003年5月31日). http://koreajoongangdaily.joinsmsn.com/news/article/article.aspx?aid=1987730 2013年6月7日閲覧。 
  8. ^ Donna Hughes, Katherine Chon, Ellerman Ellerman (2007). Modern-Day Comfort Women:The U.S. Military, Transnational Crime, and the Trafficking of Women. ロードアイランド大学. p. 4. http://www.uri.edu/artsci/wms/hughes/modern_day_comfort_women.pdf. 
  9. ^ Rabiroff, Jon (2009年9月26日). “Philippine Embassy has 'watch list' of suspect bars in South Korea”. 星条旗新聞. http://www.stripes.com/news/philippine-embassy-has-watch-list-of-suspect-bars-in-south-korea-1.95038 2013年6月7日閲覧。 
  10. ^ Human Trafficking public service announcement 在韓米軍 2012年11月20日

関連項目

[ 在韓米軍慰安婦問題 ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/09 11:32)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲