性交体位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

{{#invoke:Message box|ambox}} {{#invoke:Message box|ambox}} 性交体位(せいこうたいい)は、二人が性交(性器を結合)しているときの両者の体の位置関係を表す言葉である。単に「体位」、または「ラーゲ」(ドイツ語:Lage)ともいう。なお、シックスナインのように、厳密には性交体位でないものも、これに含める例もある。

目次

概説

一般の動物では交尾の際の姿勢は一定しているが、ヒトにおいては複数の体位があり、それを状況に応じて使い分け、あるいは時によって変更する。また、一回の性交の中でも、複数の体位を行うことも珍しくない。日本では様々な体位をまとめて四十八手と言ったりする。これは相撲決まり手に引っかけたものである。古代インドの『カーマスートラ』では、64手が紹介されている。

体位については、世界各地、それぞれに古くから伝えられている。古代ギリシャでのそれはアリストパネスの喜劇『女の平和』の中に女たちが性交断ちの誓いをするセリフ「天井にスリッパをさしあげ(正常位?)」「チーズ削りの上のライオン式に立ち(後背位?)」とあるのがその例となろう。さらに『』には「キュレネーの十二手式」なるものが出てきており、これは名高い遊女の名である。また、古代インドの寺院カジュラーホー寺院)には様々な体位で性交する像が並んでいる。

具体例

正常位・後背位(バックスタイル)・騎乗位などが最もポピュラーな体位となっている。命名や分類ははっきりしないが、一説には正常位とその派生、後背位とその派生の2つに分けるとも言う[1]

  • 正常位とそれに類する体位:男女が体の前を合わせる体位。互いの体の密着感が強い。
  • 後背位とそれに類する体位:女性の背中側から男性が体の前を合わせる向きで行う体位。深い挿入と動物的興奮が得られる。

名前の付けられている体位の中には、女性を抱え上げるような、腕力を要するものや、互いの体に負担の大きいものもあり、実際にはほとんど行われないものが含まれる。

日本映画・日本のテレビドラマに登場する濡れ場では、昔から布団をかぶった正常位が多いが、アメリカ映画では女性が男性にまたがった騎乗位が多い。アダルトビデオでは変化を持たせるため、様々な体位が披露される。

視覚的に興奮を覚える体位が、必ずしも快感を得られる体位とは限らない。また女性側にとっては、何度も体位転換があると興奮が中断してしまう場合もある。

主な性交体位

参考文献

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 三葉(2008)、p.64

関連項目

[ 性交体位 ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/10 21:03)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲