在日中国人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意
在日中国人、中国系日本人
日本華人
中華人民共和国の旗中華民国の旗日本の旗
Yokohama Chinatown temple.jpg
横浜中華街
総人口

674,879人(2010年12月末[1])
(中華民国国籍を含む)

居住地域
関東中部関西九州北海道他、日本各地
言語
漢語諸方言(官話粤語閩南語など)・日本語英語
宗教
仏教儒教道教など

在日中国人(ざいにちちゅうごくじん、日籍華人)は、日本に在住している中国人である。中華人民共和国または中華民国台湾)の国籍を有する者は華僑であり、日本国籍を取得したものは「華人」である。なお、中華民国台湾)の国籍者は在日台湾人と呼ばれる。広義には中華人民共和国(香港マカオを含む)と中華民国台湾)国籍者を指すが、狭義には中華人民共和国国籍者のみを指し、中華民国(台湾)国籍者は在日台湾人と呼ばれることが多い。

概要

独立行政法人統計センターによると、2010年12月末時点では両地域合わせて687,156人が外国人登録されており、これは565,989人の在日韓国・朝鮮人を超える規模である[1]。既に2007年8月に人民網が、東京では100人に1人は在日中国人であると伝えている[2]。 2010年12月末の在日中国人の国内分布は東京が最も多く164,201人、次いで横浜を擁する神奈川が56,095人、以下、大阪府51,056人、埼玉48,419人、愛知47,454人、千葉県45,427人、兵庫25,585人、福岡県21,936人、茨城15,726人、岐阜県15,340人と続く。このように在日中国人の居住地は大都市圏に集中しているが、中でも関東南部への集中が顕著である[3]。 なお、表に表れない非公式な数字を入れると東京には二倍の30万人以上が居住しているといわれる、[要出典]それほどに中国人の東京への一極集中が顕著である。

歴史

朝鮮排華事件の際には日本内地でも朝鮮人との衝突が起きた。

各地のコミュニティ・中華街

日本との地理的な近さから、古くから日本へ移住してきており、日本三大中華街として横浜市神戸市長崎市中華街を形成している。その他、東京池袋周辺などに代表されるように、近年では各地に中国人コミュニティを形成しているが、圧倒的に多いのは関東圏である。

都道府県別中国人人口

都道府県 2010年末
東京都 &0000000000164201000000164,201
神奈川県 &000000000005609500000056,095
大阪府 &000000000005105600000051,056
埼玉県 &000000000004841900000048,419
愛知県 &000000000004745400000047,454
千葉県 &000000000004542700000045,427
兵庫県 &000000000002558500000025,585
福岡県 &000000000002193600000021,936
茨城県 &000000000001572600000015,726
岐阜県 &000000000001534000000015,340
広島県 &000000000001435400000014,354
静岡県 &000000000001345800000013,458
京都府 &000000000001200500000012,005
長野県 &000000000001096400000010,964
岡山県 &000000000001008200000010,082
北海道 &00000000000097050000009,705
三重県 &00000000000094540000009,454
栃木県 &00000000000081990000008,199
群馬県 &00000000000074110000007,411
宮城県 &00000000000072310000007,231
富山県 &00000000000057230000005,723
新潟県 &00000000000056490000005,649
石川県 &00000000000051710000005,171
愛媛県 &00000000000050390000005,039
滋賀県 &00000000000049350000004,935
福島県 &00000000000048790000004,879
熊本県 &00000000000046720000004,672
大分県 &00000000000044000000004,400
福井県 &00000000000043820000004,382
香川県 &00000000000041010000004,101
山梨県 &00000000000040700000004,070
長崎県 &00000000000040370000004,037
山口県 &00000000000039080000003,908
奈良県 &00000000000035120000003,512
徳島県 &00000000000031300000003,130
岩手県 &00000000000030180000003,018
鹿児島県 &00000000000029410000002,941
山形県 &00000000000029230000002,923
島根県 &00000000000023820000002,382
沖縄県 &00000000000020110000002,011
佐賀県 &00000000000019600000001,960
秋田県 &00000000000019400000001,940
宮崎県 &00000000000018930000001,893
青森県 &00000000000018280000001,828
鳥取県 &00000000000017680000001,768
和歌山県 &00000000000015170000001,517
高知県 &00000000000014010000001,401
合計 &0000000000687156000000687,156
  • 出典・・・[3]

中国系日本人

日本国籍を取得した在日中国人の数は、平成12年から平成21年の10年間で4万人以上[4]である。

出身地

在日中国人の出身地は東北部華北出身者が増え続けているが、北京上海の出身者は減り続けている。西部や南西部出身者は極めて少ない。

  • 在日中国人の本籍地
出身地 2010年末
遼寧省 &0000000000108710000000108,710
黒竜江省 &000000000007491200000074,912
福建省 &000000000006434400000064,344
山東省 &000000000006134400000061,344
上海市 &000000000005900900000059,009
吉林省 &000000000005762800000057,628
江蘇省 &000000000004320300000043,203
北京市 &000000000002443500000024,435
浙江省 &000000000001446800000014,468
河南省 &000000000001333600000013,336
内蒙古自治区 &000000000001318100000013,181
河北省 &000000000001156300000011,563
広東省 &000000000001020300000010,203
陝西省 &00000000000092170000009,217
湖北省 &00000000000090300000009,030
四川省 &00000000000083340000008,334
安徽省 &00000000000072870000007,287
江西省 &00000000000069100000006,910
湖南省 &00000000000050100000005,010
香港 &00000000000041960000004,196
山西省 &00000000000032810000003,281
広西チワン族自治区 &00000000000026020000002,602
新疆ウイグル自治区 &00000000000018900000001,890
雲南省 &00000000000012030000001,203
甘粛省 &00000000000011070000001,107
貴州省 &00000000000010610000001,061
海南省 &00000000000010590000001,059
青海省 &0000000000000608000000608
寧夏回族自治区 &0000000000000484000000484
その他 &000000000002275300000022,753
不詳 &0000000000000356000000356
合計 &0000000000687156000000687,156
  • 出典・・・[3]

少数民族の在日中国人

上記のとおり、在日中国人は遼寧省黒竜江省からの出身者が多いため、多数派民族である漢族以外にも、満族朝鮮族回族モンゴル族などの少数民族の在日者も多い。満族や回族は外見や人名、言語は多数派の漢族と同じであるため、一見して区別することは難しい。回族はイスラームを信仰しているため、飲食面では漢族と場を分ける事が多いが、特に日本のイスラーム社会と深いつながりは持たず、中国人社会の方とつながりを持つものが多い。朝鮮族は朝鮮語も話すことができる者が多く、人名も漢族と比べて独特な者が多いが、中国語や、中国文化にも通じており、日本のコリアン社会よりも中国人社会の方とつながりを持つものが多い。モンゴル族は人名や文化、言語ともに大きく漢族と異なり、モンゴル族同士でのつながりを重視するものが多いが、中国人社会とも付き合いを持つ者が多い。その他、チベット族ウイグル族の在日者もいるが、それらの民族は、人名、文化、宗教、言語など、漢族社会とは大きく異なり、中国人社会とはつながりを持たず、自民族同士でのつながりを重視するものが多い。ウイグル族は日本のイスラーム社会とのつながりも重視するものが多い。

団体

著名な人物

脚注

  1. ^ a b 国籍(出身地)別在留資格(在留目的)別外国人登録者独立行政法人統計センター公式サイト
  2. ^ 東京の華人圏が日に日に拡大、100人に1人は中国人』人民網。2007年8月8日。
  3. ^ a b c 都道府県別本籍地別外国人登録者(その1 中国)独立行政法人統計センター公式サイト
  4. ^ 法務省、帰化許可申請者数等の推移

関連項目

資料

  • 『在日中国人大全』日本僑報社

[ 在日中国人 ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/17 04:50)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲