レオナルド熊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

レオナルド 熊(レオナルドくま、本名:井上 千蔵 <いのうえ せんぞう>、1935年6月27日 - 1994年12月11日)は、北海道樺戸郡新十津川町出身のコメディアン

石倉三郎と組んだコントコンビラッキーパンチ』『コント・レオナルド』で一世を風靡した。

目次

人物と芸風

地元高校中退し、役者を志して単身上京。しかしなかなか芽が出ず、十余年ドサ回りする。浅草に定着してストリップ劇場で幕間コントをこなし、副業に小料理屋を経営したりしたが、1973年には結核が悪化して5年間の入院生活を強いられ、妻にも逃げられたため生活保護を受けていた。生活保護受給の間に海外旅行に2度行ったと語っている。 当時の芸名は 北海の熊熊田にげろう

師と仰ぐ弟子も少なくなかったものの、本人の性格面・金銭面・健康面の問題から、コントの相方は25人ほど変わっている。

療養中の1979年ホープの紹介で、殺陣師出身でどつき漫才『チャップリンズ』を解散したばかりの石倉三郎と『ラッキーパンチ』(テレビ出演する便宜上ポール牧門下に入り、ラッキー熊に改名)を結成、初めて世に出た。艱難辛苦を経てようやく売れっ子になったにも関わらず、病み上りで体調不良の熊が舞台に重ねて穴を開けたことから、コンビ仲が悪化し1年弱で解散。

直後から弟子のブッチー武者と『熊田うつぞう・にげろう』を組み、間もなく『コント・レオナルド』(初代)に改称すると同時に、芸名をレオナルド熊に改めたが、無断で改名したため命名者のポール牧から破門された。

更に、武者が熊の苛めでノイローゼになった上、『花王名人劇場』出演直前にコント中の舞台で転倒、骨折して休演せざるを得なくなったため(この際、熊は武者にエンコ詰めを迫ったが、武者の兄弟子のホープが咄嗟の機転で懐から10万円出し、事なきを得た)、ホープと澤田隆治の仲裁で、芸能界を引退してマザー牧場で働いていた石倉を呼び戻し、1981年に『コント・レオナルド』(二代目)を再結成させた。

若手中心の漫才ブームの中で比較的年輩の熊が、政治経済時事問題を不条理コントで茶化すスタイルは異色で、人気を不動のものにする。1983年に出演したサントリービール「生樽」のテレビCMで発した「いかにも一般大衆が喜びそうな」は流行語になり[1]、広く知られた顔になった。

テレビドラマ『江戸川乱歩の美女シリーズ人間椅子』では、美女が座る椅子を溺愛する変態男を演じ、怪優としての側面も見せた。

ところが自ら作・演出する熊にとって、『コント・レオナルド』は自分の名を冠した自分の持ち物という意識が強く、石倉ではない別の弟子を相方に『コント・レオナルド』名義で内職営業したり、無断でワリを多く取ったりしていたため石倉が愛想を尽かし、熊も石倉の酒癖を批判するなど、喧嘩別れする形で1985年10月に再びコンビ解消、その後は熊の葬式まで2人が顔を合わせる事はなかった。

その後は石井光三と『劇団七曜日』を立ち上げ、若手お笑い系役者の登竜門となる。またピン活動の傍ら、その場によって若手を相方にコンビを組んだりしていたが、金回りが良くなってからは芸の切れ味が鈍ってしまい、本人も再婚した妻と副業に精を出すなどして、表舞台から次第に姿を消した。

1994年10月に末期の膀胱がんと診断され、ホープ、マギー司郎らの『田端グループ』によって「ガン祝いの会」を開かれた。2ヶ月後の12月11日、家族と焼肉を外食した直後に容体が急変し、搬送先の国立第二病院で死亡が確認された。59歳没。

弟子

他多数

家族

最後の妻は元女優の中川加奈。息子はレオナルド小熊名義で子役出演の後、ギタリスト井上"KB"幸法として活動。長女は一般人。

出演番組

出演映画

CM

サントリー「生樽」(1983年)

脚注

  1. ^ 木村傳兵衛、谷川由布子他『新語・流行語大全 1945→2005 ことばの戦後史』自由国民社2005年、199頁。

参考文献

著者インタビュー日刊ゲンダイ 2010年04月21日付)

関連項目

[ レオナルド熊 ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/01 11:59)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲