Gスポット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

{{#invoke:Message box|ambox}}

Drawing of the female internal sexual anatomy.
Gスポット(4)は、膣のうち、尿道(6)や膀胱(2)のある側の壁の、入口から3cm~7cm入ったところにある。

Gスポット(Gräfenberg spot:G-spot)とはドイツのエルンスト・グレフェンベルク(Ernst Gräfenberg)にちなんで命名された、恥骨の下にある膣壁前方上部の小さな領域。

目次

概要

膣壁前方上部の小さな領域からさらに場所を特定すると恥骨の直下にある、女性尿道海綿体のことである。一般に膣に中指を全て入れて第二関節を曲げた周辺にある場合が多い。そこには、スキーン腺小前庭腺)という分泌腺がある。スキーン腺は発生学的には男性前立腺に相当するので、(女性には存在しないが)女性の前立腺という名称で呼ばれる場合もある。

日本では名古屋市立大学渡仲三名誉教授が電子顕微鏡を使って、Gスポット周辺に知覚神経を発見した。他方、2008年にはイタリアのラクィラ大学(University of L'Aquila)の研究グループが「確かに存在するが、全員に備わっているわけではない」とする研究報告をイギリス科学誌New Scientistに発表した[1][2]。最近の報告では、2010年イギリスのキングス・カレッジ・ロンドンの研究グループが、1800人の双子の女性を対象に聞き取り調査し、Gスポットの存在を否定する研究成果を発表した。

この場所は雄が後ろからのしかかって交尾する際に刺激される部分である。チンパンジーの場合、この部位に刺激を受けるとわずか5秒後に子宮の収縮が起こりその収縮は1分程続く[3]

俗語

医学的にはGスポットは女性の尿道海綿体を指す用語であり男性には存在しないが、類似性により、男性の肛門の5cmから10cm前後中に入ったあたり、体の前の方向に柔らかくドーム状にふくらんだ部分を表す俗語アダルト用語ゲイ用語)としても用いられる。これは腸のすぐ隣にある前立腺のふくらみであり、肛門刺激の効果的な標的とされる。

この部分を指、ディルド、または勃起したペニスで刺激されると(アナルセックス)性的快感を得ることがある。刺激を続けると最初に尿道球腺液(ガマン汁)がたれ流れ出し、最終的には射精してしまう場合もある(トコロテン)。

主に性行為のときに使われることが多い。

脚注

  1. ^ AFPBB News - 女性の性感帯「Gスポット」の謎をついに解明か、伊大学
  2. ^ New Scientist - Ultrasound nails location of the elusive G spot
  3. ^ エレイン・モーガン(Elaine Morgan) 『子宮の中のエイリアン―母と子の関係はどう進化してきたか』(The Descent of the Child: Human Evolution from a New Perspective)、望月弘子・訳、どうぶつ社、1998年、ISBN 4-88622-305-2。

関連項目

外部リンク

[ Gスポット ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/23 17:24)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲