ミリイ・バラキレフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

{{#invoke:Message box|ambox}}

ミリイ・バラキレフ
Милий Балакирев
1860年代のポートレート}
1860年代のポートレート
基本情報
出生名 Милий Алексеевич Балакирев
出生 1837年1月2日
出身地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ニジニー・ノヴゴロド
死没 1910年5月29日(満73歳没)
ジャンル 国民楽派
職業 作曲家ピアニスト
担当楽器 ピアノ

{{#invoke:Side box|main}}

1900年頃のバラキレフ

ミリイ・アレクセエヴィッチ・バラキレフРусский: Милий Алексеевич Балакирев, ラテン文字転写: Mily Alekseyevich Balakirev, 1837年1月2日 - 1910年5月29日)は、ロシア作曲家。今日では作品よりも「ロシア五人組」のまとめ役として知られている。

目次

略歴

ニジニー・ノヴゴロド出身。少年時代に、ロシアにおけるモーツァルトの伝記作家ウーリビチョフから、さまざまな有益な音楽教育を受けた。18歳でサンクトペテルブルクに上京、大学で数学を専攻した後、ミハイル・グリンカの面識を得る。バラキレフを中心にツェーザリ・キュイらが集まって、1862年無料音楽学校が設立される。1869年にバラキレフは、帝室宮廷礼拝堂の監督と、帝国音楽協会の指揮者に任命される。指導者やロシア音楽のまとめ役としての発言力から、新たな運動の発起人という役割を得た。「五人組」ばかりでなく、チャイコフスキーもいくつかの標題音楽や《マンフレッド交響曲》の作曲に、バラキレフの助言や批評を仰いでいる。

他の「五人組」の同人と同じく、サンクトペテルブルクのアレクサンドル・ネフスキー大修道院のチフヴィン墓地に埋葬されている。

作品

一時的に音楽界から身を退いていたこともあり、残された作品はあまり多くないが、ロシア民謡の要素に基づき、作品は親しみやすい。代表作のピアノ曲「イスラメイ」は、難曲として有名だが、それ以外のピアノ曲は、理想として思い描いていたショパンシューマンリストの影響を鮮明に示している。2曲の交響曲を残している。さまざまな音楽理論やドイツ・ロマン派音楽に精通していたことがかえって自発的な創造力を阻害したのか、「五人組」の指導者でありながら、同人のうち最も遅筆で、最初の交響曲は完成まで33年の歳月を要した。作曲の中断や改作も頻繁に繰り返された。

世俗曲と同様に作品数は限られているが、無伴奏(正教会の聖歌は無伴奏声楽が原則である)の正教会聖歌も作曲している。

近年、「ケーネマン出版社」(総代理店はMELBAY)から出版されたバラキレフピアノ作品全集(全5巻)は、内容の良さと破格の安価であったことから予想外の注文が殺到し、一時期入手不可能になるほどのベストセラーとなった。2004年現在は、MELBAYのWEBサイトから入手可能である。

作品一覧

  • 管弦楽曲・協奏曲
  • ピアノ曲
    • ピアノソナタ第1番変ロ短調 作品5 (1855/56年)
    • ピアノソナタ第2番変ロ短調 (1900-05年):現在バラキレフのソナタとして有名なもの
    • イスラメイ(東洋風幻想曲)(1869年、改訂1902年)
    • 7つのマズルカ
    • 7つのワルツ
    • 3つの夜想曲
    • 3つのスケルツォ
    • 薗にて(1884年)
    • トッカータ嬰ハ短調(1902年)
  • 室内楽曲
    • フルート、オーボエ、ホルン、弦楽四重奏とピアノのための八重奏曲ハ短調 作品3 (1850-56年)
    • チェロとピアノのためのロマンス ホ長調(1856年
  • 声楽曲
    • カンタータ「ペテルブルクのグリンカ記念祭に」(1902-04年)
    • 民謡編曲
  • 正教会聖歌(無伴奏)
    • 諸預言者は預告せり(Свыше пророцы

外部リンク

[ ミリイ・バラキレフ ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/09 06:42)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲