硝子坂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意
硝子坂
木之内みどり楽曲
収録アルバム 硝子坂
リリース 1977年2月25日
規格 LP
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル NAVレコード
作詞者 島武実
作曲者 宇崎竜童
カバー

高田みづえ(1977年)

硝子坂 収録順
Good-bye
(9)
硝子坂
(10)
サヨナラの後に…
(11)

硝子坂」(ガラスざか)は、島武実の作詞、宇崎竜童の作曲による歌である。1977年2月25日発売の木之内みどりのアルバム『硝子坂』のタイトル曲として発表された。また、高田みづえのデビューシングルとして同年3月25日に発売された曲でもある。

木之内バージョン(編曲:ラスト・ショウ、瀬尾一三)と高田バージョン(編曲:馬飼野康二)とはアレンジが大幅に異なる。

高田みづえのシングル

硝子坂
高田みづえシングル
収録アルバム オリジナル・ファースト
B面 DÔMO DÔMO
リリース 1977年3月25日
ジャンル J-POP
レーベル テイチクエンタテインメント
作詞・作曲 島武実宇崎竜童
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間9位(オリコン
  • 1977年度年間36位(オリコン)
高田みづえ シングル 年表
硝子坂
1977年
だけど…
(1977年)
テンプレートを表示

高田みづえ版は、1977年3月25日テイチクからデビューシングルとして発売された。

発売1ヶ月半でオリコンTOP10入りを果たし、シングル売上は31万枚を突破した。高田の楽曲として「私はピアノ」に次ぐ2番目のヒット曲となった。

B面の「DÔMO DÔMO」は三浦徳子(当時の筆名はみうらよしこ)のデビュー作である。

収録曲

  1. 硝子坂
    (作詞:島武実 作曲:宇崎竜童 編曲:馬飼野康二
  2. DÔMO DÔMO
    (作詞:みうらよしこ 作曲:加藤和彦 編曲:馬飼野康二)

カバー

  • 神園さやかがアルバム『18才〜旅立ち〜』で、高田バージョンの編曲を再現したものをカバーしている。
  • 高田と同じ1977年デビューだった荒木由美子も、アレンジ違いを1枚目のアルバムの『ヴァージン・ロード/渚でクロス』でカバーしている。

[ 硝子坂 ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/19 17:16)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲