蛸と海女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

{{#invoke:Message box|ambox}} {{#invoke:Side box|main}}

Tako to ama retouched.jpg

蛸と海女』(たことあま)は、葛飾北斎による1820年頃の艶本『喜能会之故真通』(きのえのこまつ)の中の木版画の一枚。この絵では一人の女性が2匹のタコから性的快楽を受けている。小蛸の方からは口吸い(接吻)を受け、大蛸は彼女にクンニリングスしている。

なお、先行する類似作品として、北尾重政の艶本『謡曲色番組』や勝川春潮の艶本『艶本千夜多女志』などが知られており、北斎がこれらを参考にした可能性が考えられる。

台詞

大蛸:

いつぞハいつぞハとねらいすましてゐたかいがあつて、けふといふけふ、とうとうとらまへたア。てもむつくりとしたいいぼぼだ。いもよりハなをこうぶつだ。サアサア、すつてすつてすいつくして、たんのふさせてから、いつそりうぐうへつれていつてかこつておこうか。

女:

アレにくいたこだのう。エエ、いつそ、アレアレ、おくのこつぼのくちをすハれるので、いきがはずんで、アエエモイツク、いぼで、エエウウ、いぼで、アウアウ、そらわれをいろいろと、アレアレ、こりやどうするのだ。ヨウヨウアレアレ、いい、いい。いままでわたしをば人が、アアフフウアアフウ、たこだたこだといったがの、もうもうどふして、どふして、エエ、この、ずずず

大蛸:

ぐちやぐちやズウズウ、なんと八ほんのあしのからミあんばいハどうだどうだ。あれあれ、なかがふくれあがつて、ゆのやうないんすいぬらぬらどくどく

アアモウくすぐつたくなつて、ぞろぞろとこしにおぼへがなくなつて、きりもさかひもなく、のそのそといきつづけだな。アア、アア(右画像では途切れ)

小蛸:

おやかたがしまふと、またおれがこのいぼでさねがしらからけもとのあなまでこすつてこすつてきをやらせたうへですいだしてやる(右画像では途切れ)

模倣

その印象深さから何人もの芸術家により模倣されている:

17世紀より、類似したテーマの海洋生物と女性が性行為に及ぶ題材で、多くの根付が彫られている。また現代においても、触手責めという呼称でポルノファンに好まれるアニメ漫画でのシチュエーションのひとつとして認識されている。

関連項目

[ 蛸と海女 ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/05 09:57)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲