ネルソン・マンデラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意
ネルソン・ホリシャシャ・マンデラ
Nelson Rolihlahla Mandela ノーベル賞受賞者
Nelson Mandela-2008 (edit).jpg

任期 1994年5月10日1999年6月14日
副大統領 フレデリック・デクラーク
ターボ・ムベキ

南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
国民議会議員
任期 1994年1999年

African National Congress Flag.svg アフリカ民族会議
第11代議長
任期 1991年1997年

出生 1918年7月18日
25x20px 南アフリカ連邦 トランスカイ
死去 2013年12月5日(満95歳没)
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
ハウテン州 ヨハネスブルグ
政党 アフリカ民族会議
配偶者 エブリン・メイスEnglish版

(結婚1944–1957; 離婚)
ウィニー・マンデラ
(結婚1958–1996; 離婚)
グラサ・マシェルEnglish版
(結婚1998–2013; 死別)

署名 Nelson Mandela Signature.svg
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1993年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:アパルトヘイト体制を平和的に終結させて新しい民主的な南アフリカの礎を築いたため[1]

ネルソン・ホリシャシャ・マンデラコサ語: Nelson Rolihlahla Mandela1918年7月18日 - 2013年12月5日)は、南アフリカ共和国政治家弁護士である。

大統領(第8代)、下院議員(1期)、アフリカ民族会議議長(第11代)を歴任。

賞歴としてネルー賞、ユネスコ平和賞、アフリカ賞、サハロフ賞ノーベル平和賞、国際検察官協会名誉章受章など。称号には名誉法学博士(早稲田大学)など。南アフリカ共和国での愛称はマディバタタ(父)[2]

目次

概要

若くして反アパルトヘイト運動に身を投じ、1964年に国家反逆罪で終身刑の判決を受ける。27年間に及ぶ獄中生活の後、1990年に釈放される。翌1991年アフリカ民族会議(ANC)の議長に就任。デクラークと共にアパルトヘイト撤廃に尽力し、1993年にノーベル平和賞を受賞。1994年、南アフリカ初の全人種参加選挙を経て同国大統領に就任。民族和解・協調政策を進め、経済政策として復興開発計画(RDP)を実施した。1999年に行われた総選挙を機に政治家を引退した。

来歴

反アパルトヘイトの闘士

1918年7月18日にトランスカイのウムタタ近郊クヌ村で、テンブ人の首長の子として生まれる。メソジスト派のミッションスクールを卒業した後、フォート・ヘア大学で学ぶ。在学中の1940年には、学生ストライキを主導したとして退学処分を受ける。その後、南アフリカ大学の夜間の通信課程で学び1941年に学士号を取得した。また、その後、ウィットワーテルスランド大学で法学を学び、学士号を取得した。1944年にアフリカ民族会議(ANC)に入党。その青年同盟を創設し青年同盟執行委員に就任して反アパルトヘイト運動に取組む。1950年、ANC青年同盟議長に就任。

1952年8月にヨハネスブルグにてフォート・ヘア大学で出会ったオリバー・タンボと共に弁護士事務所を開業する。同年の12月にANC副議長就任。1961年11月、ウムコント・ウェ・シズウェ(民族の槍)という軍事組織を作り最初の司令官になる。それらの活動などで1962年8月に逮捕される。1964年に国家反逆罪で終身刑となりロベン島に収監される[3]1982年、ケープタウン郊外のポルスモア刑務所に移監。この時、イギリス人傭兵の有志が集まってネルソンを救出する作戦が立てられたことがあったが、南アフリカ側への情報漏れで中止されたという[4]。この収監は27年にも及び、マンデラはこの時期に結核を始めとする呼吸器疾患になり[5]石灰石採掘場での重労働によって目を痛めた[6]。収監中にも勉学を続け、1989年には南アフリカ大学の通信制課程を修了し、法学士号を取得した。

全民族融和の象徴

1992年、フレデリック・ウィレム・デクラーク南アフリカ共和国大統領 (当時) と握手するネルソン・マンデラ次期同国大統領

1989年12月に当時の大統領フレデリック・デクラークと会談し、翌1990年2月11日に釈放される。釈放後、ANC副議長に就任。デクラークとの予備会談にANC代表として出席する。また、1990年10月27日から11月1日までANC代表団を率いて訪日している。

1991年、ANC議長に就任。デクラークと協力して全人種代表が参加した民主南アフリカ会議を2度開き、さらに多党交渉フォーラムを開いた。暫定政府、暫定憲法を作成。1991年6月にアパルトヘイトの根幹法である人口登録法、原住民土地法、集団地域法などを廃止し、翌1993年12月10日にデクラークとともにノーベル平和賞受賞。

1994年4月に南ア史上初の全人種参加選挙が実施された。ANCは勝利し、ネルソンは大統領に就任した。暫定憲法の権力分与条項に基づき国民党、インカタ自由党と連立政権をたて、国民統合政府を樹立した。ネルソンは民族和解・協調を呼びかけ、新憲法制定によるアパルトヘイト体制下での白人・黒人との対立や格差の是正、黒人間の対立の解消、経済不況からの回復として復興開発計画(RDP)を公表した。

1997年12月のANC党大会でネルソンは、議長の座を副大統領のターボ・ムベキに譲る。1999年2月5日、国会で最後の演説をした。同年行われた総選挙を機に政治の世界から引退した。

引退後

2000年1月19日国際連合安全保障理事会で初めて演説を行った。2001年7月に前立腺癌が発見され、7週間の放射線治療を受けた。2005年1月7日に前妻・ウィニーとの子供マカト・マンデラがエイズによる合併症で死亡した事を公表した。 2008年6月末、正式に米国政府により、テロリスト監視リストより名前が削除された[7]

2010年6月11日に行われたFIFAワールドカップ南アフリカ大会の開会式に出席する可能性が高いと親族が明らかにしていたが、前日にひ孫が交通事故で亡くなったことを受け、出席を断念。代わりにビデオメッセージを送った。なお閉会式には出席した。

この時以降公の場には姿を現さなかった。90歳を越えて高齢のため体に衰えが見え始めており、2012年12月8日に肺の感染症のため、首都プレトリアの病院に入院した。2013年4月6日、症状が改善したため退院した[5]。しかし、2013年6月から体調は悪化し、感染症を再発させ、6月8日から再入院となった[8]

死去

2013年6月23日、南アフリカ大統領府は、ネルソンが危篤状態に陥ったと発表した[9]。その後、ネルソンの容態は安定しており、7月18日に病室で95歳の誕生日を迎えた。娘のジンジは7月16日に、「ヘッドホンを着けてテレビを見ており、笑顔を見せた」という様子を語っている[10]。ネルソンの誕生日に合わせて、2013年7月18日に、国際連合本部で「ネルソン・マンデラ国際デー」の式典を開き、ネルソンの功績を称えると共に回復を祈った[11]

2013年12月5日(日本時間6日未明)、ヨハネスブルグの自宅で死去[12][13][14]。95歳没。

追悼式にはアメリカ3大ネットワークとCNNBBCもそれぞれのアンカーマンを現地(ヨハネスブルグもしくはプレトリア)に派遣し、各国からも日本の皇太子徳仁親王、イギリスからはチャールズ皇太子[15]とキャメロン首相、アメリカ合衆国よりバラク・オバマアメリカ合衆国大統領及びビル・クリントンジミー・カーター元大統領、ブラジルジルマ・ルセフ首相、キューバラウル・カストロ首相など各国の国家元首もしくはそれに準ずる人物が出席し、追悼式典のVIP席でバラク・オバマとラウル・カストロが握手する、弔問外交となった[16]

人物

メソジスト教会で洗礼を受けたクリスチャンである。若き日の彼に大きな影響を与えたのは、テンブの人々の習慣とキリスト教のミッションスクールで受けた教育であった [17]

結婚は3度している。1944年エブリンEnglish版(Evelyn)と最初の結婚。1957年離婚。1958年ウィニーと2度目の結婚。マンデラの収監中にウィニー夫人は獄外で政治活動を行った[18]。しかし1992年4月13日、離婚の意思を表明し、4年後の1996年3月19日にウィニーとの離婚が成立。1998年7月18日モザンビークの初代大統領で飛行機事故で亡くなったサモラ・マシェルの未亡人、グラサ・マシェルEnglish版夫人と3度目の結婚。

大統領時代、日本のバラエティー番組「進め!電波少年」で松村邦洋のアポなしロケを受けたことがある(「イヨ!大統領!憎いねコノー!」と声をかけるというもの)。周りにはSPもいたが、突然のことに驚いた様子だったものの、遥々日本から来た松村を温かく歓迎した。

映画

監獄に入れられたマンデラと看守の交流を描く。マンデラ役はデニス・ヘイスバート
自伝の映画化。マンデラ役はモーガン・フリーマン
自伝の映画化。マンデラ役はイドリス・エルバ

脚注

  1. ^ "The Nobel Peace Prize 1993" NobelPrize.org
  2. ^ “訃報:ネルソン・マンデラさん95歳=元南ア大統領”. 毎日新聞. (2013年12月6日). http://mainichi.jp/select/news/20131206k0000e030132000c.html 2013年11月6日閲覧。 
  3. ^ このときの、彼の監獄番号が「46664」であり、現在、彼の財団の活動を象徴する番号となっている。厳密には上位「466」が彼の囚人番号、下位「64」が彼の投獄された年、19「64」年の下2桁である。そのため、「46664」は一般に、four-double six-six-fourと発音する
  4. ^ 『ネルソン・マンデラ』 メアリー・ベンソン著
  5. ^ a b “マンデラ元大統領が退院、肺疾患の病状改善 南アフリカ”. CNN. (2013年4月7日). http://www.cnn.co.jp/world/35030509.html 2013年4月7日閲覧。 
  6. ^ 独居房、N・マンデラの足跡 ナショナルジオグラフィック 2013年12月6日
  7. ^ Mandela taken off US terror list BBC 2008-07-01
  8. ^ “マンデラ氏が肺感染症で再入院、容体深刻も安定 南ア”. CNN. (2013年6月9日). http://www.cnn.co.jp/world/35033154.html 2013年6月9日閲覧。 
  9. ^ “マンデラ氏が「危篤」、容体が悪化 南ア大統領府発表”. CNN. (2013年6月23日). http://www.cnn.co.jp/world/35033744.html 2013年6月23日閲覧。 
  10. ^ “危篤だったマンデラ氏、TV見て笑顔…95歳に”. 読売新聞. (2013年7月19日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130718-OYT1T01026.htm 2013年7月24日閲覧。 
  11. ^ “マンデラ氏誕生日 国連で式典”. NHK. (2013年7月19日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130719/k10013139881000.html 2013年7月24日閲覧。 
  12. ^ 南アフリカ マンデラ元大統領が死去NHK2013年12月6日閲覧
  13. ^ Nelson Mandela Dead Former South African President Dies at 95(ABC News)12/6閲覧
  14. ^ マンデラ氏死去、95歳=アパルトヘイト撤廃に尽力―ノーベル平和賞・南ア(時事)12/6閲覧
  15. ^ 女王エリザベス2世は出席を希望したが高齢のため叶わず、代わりにウェストミンスター寺院での追悼行事を行うこととなった。ウェストミンスターで国外の人物の追悼行事を行うのは初である(チャールズ皇太子が出席へ MSN産経ニュース、2013年12月10日閲覧)。
  16. ^ NBCナイトリーニュース、Podcastにて2013年12月10日閲覧
  17. ^ ネルソン マンデラ 幼少時代 Google Cultural Institute .
  18. ^ ウィニー夫人、N・マンデラの足跡 ナショナルジオグラフィック 2013年12月6日

関連項目

外部リンク

公職
先代:
フレデリック・デクラーク
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国大統領
第8代:1994 - 1999
次代:
タボ・ムベキ
外交職
先代:
Andrés Pastrana Arango (en)
非同盟諸国首脳会議事務総長
1998 - 1999
次代:
タボ・ムベキ
党職
先代:
オリバー・タンボ
African National Congress Flag.svg ANC議長
第11代 : 1991-1997
次代:
タボ・ムベキ

[ ネルソン・マンデラ ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/23 20:00)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲