新潟ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意
新潟ブルース
美川憲一シングル
A面 新潟ブルース
B面 信濃川慕情
リリース 1967年8月10日
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲
レーベル クラウンレコード
作詞・作曲 山岸一二三(作詞)&水沢圭吾(補作詞)&
山岸英樹&中川博之(作曲)
小杉仁三(編曲)
美川憲一 シングル 年表
ネオン化粧
(1967年)
新潟ブルース
(1967年)
湖畔のホテル
(1967年)
テンプレートを表示

新潟ブルース』(にいがたぶるーす)は、1967年8月10日に発売された美川憲一の7作目のシングル

解説

  • 柳ヶ瀬ブルース」、「釧路の夜」と並ぶ、美川憲一のご当地ソングヒット曲のひとつである。
  • またこの曲は、黒沢明とロス・プリモスとの競作となった。なおロスプリモス盤のもう片面も美川盤と同じ信濃川慕情である。ただしロスプリモス盤ではA面は信濃川慕情であり、新潟ブルースはB面扱いとなっているものの、どちらも代表曲として知られておりベスト版には長年両曲とも収録されている事が多い。
  • 1981年に新録音版がシングルとして発売されており、67年版と比べるとやや軽い感じの仕上がりになっている。また同時期に瀬川瑛子もシングルとして発売している。
  • 1991年に録音されたバージョンも存在するが、シングル発売はされていない。こちらは67年のオリジナル版のアレンジを踏襲しているが、エレキギターが使われる等の現代的な演奏となっている。全曲集などのベストアルバムにはこちらが収録されている事も少なくない。
  • 新潟駅萬代橋古町通など新潟の情景が歌詞に組み込まれている。
  • 作詞の山岸一二三と作曲の山岸英樹は地元・新潟出身の兄弟。
  • 補作詞の水沢圭吾は、中山大三郎の別名である。
  • 新潟県新潟市中央区下大川前通の萬代橋傍に『新潟ブルース』の歌碑がある。
新潟市政百周年記念で設立された、萬代橋下流側歩道の西詰袂に於ける『新潟ブルース』の歌碑
  • シングルとしての発売はないが、森雄二とサザンクロス里見浩太朗らがベスト盤収録曲の一極としてカバーしている。なおサザンクロス版の演奏はロスプリモス版と同じものを使用している。

収録曲

  1. 新潟ブルース
    作詞:山岸一二三 補作詞:水沢圭吾 作曲:山岸英樹&中川博之 編曲:小杉仁三
  2. 信濃川慕情
    作詞:山岸一二三 補作詞:水沢圭吾 作曲:山岸英樹 編曲:小杉仁三

[ 新潟ブルース ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/11/23 16:59)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲