ウルトラマンタロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意
ウルトラシリーズ > ウルトラマンタロウ

{{#invoke:Message box|mbox}}

ウルトラマンタロウ
放送時間: 金曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間: 1973年4月6日 - 1974年4月5日(53回)
放送国: 日本の旗 日本
制作局: 円谷プロダクションTBS
監督: 山際永三 ほか
脚本: 田口成光 ほか
プロデューサー 熊谷健
橋本洋二
出演者: 篠田三郎
名古屋章
東野孝彦
三谷昇
三ツ木清隆
木村豊幸
津村秀祐
西島明彦
松谷紀代子
あさかまゆみ
小野恵子
斎藤信也
ペギー葉山 ほか
音声: モノラル放送
オープニング 「ウルトラマンタロウ」
テンプレートを表示

ウルトラマンタロウ』は、1973年4月6日から1974年4月5日までTBSで毎週金曜19:00 - 19:30に全53話が放送された、TBSと円谷プロダクションが製作した特撮テレビ番組とその劇中に登場するヒーローの名前である。

タイトルロゴは「ウルトラマンT」、「T」に「タロウ」のルビがある。

目次

物語

裸一貫で世界中を旅していた青年・東光太郎(ひがし こうたろう)が、ボクサーを目指して巨大タンカーで日本に帰ってきた。

港を襲った超獣オイルドリンカーを追い払うことに成功した光太郎だったが、彼の持ち帰ったチグリスフラワーの球根から怪獣アストロモンスが誕生する。亡き母と瓜二つの緑のおばさん(ウルトラの母の変身体)の激励を受けた光太郎は、宇宙科学警備隊ZATに入隊[注 1]。小型戦闘機・スーパースワローに搭乗してアストロモンスに立ち向かうが、アストロモンスの攻撃を受けて爆発の炎に包まれてしまった。

死線をさまよう[注 2]光太郎の前にウルトラ5兄弟が現れ、彼をウルトラの国へと運んだ。そして、そこでウルトラの母が光太郎にウルトラの命を授けたことで、ウルトラ6番目の弟・ウルトラマンタロウが誕生した。

地球に帰還した光太郎は、左腕に装着したウルトラバッジを掲げてタロウに変身し、怪獣や宇宙人と戦う。

作品概要

ウルトラマンシリーズ」第5作目[注 3]にして、『帰ってきたウルトラマン』や『ウルトラマンA』に続く第2期ウルトラシリーズ第3作目。『ファイヤーマン』や『ジャンボーグA』同様、「円谷プロ創立10周年記念番組」として制作された。

本作の大きな特徴として、それまでは神秘的な存在として描かれることが多かったウルトラマンに、親しみやすい印象を付加している点が挙げられる。その最たる例が、主人公の「タロウ」という名称。企画当初、名称には「ウルトラマンスター」などが候補に挙がっていたが、「ウルトラマンジャック」が有力な候補となった。だが、「ジャック」が当時大きな問題となっていたハイジャックを連想させるという事情から取り止めとなった[2][注 4]。この「ジャック」が西洋のおとぎ話[注 5]の主人公の名前としてよく使われる名前だったことから、それに対応する日本の名称として「○○太郎」に因んだ「タロウ」と名づけられたという[注 6]

それまでのウルトラマンシリーズに比べ、同じ円谷作品の『快獣ブースカ』で見られたようなおとぎ話[注 5]や寓話などを題材としたストーリーが多く見られる。

本作ではウルトラの母の存在が初めて明らかにされ、「ウルトラ兄弟」の概念に加えて文字通り「ウルトラファミリー」の構想を付加し、ホームドラマ的な作風が濃くなっている。

主題歌がそのまま特撮場面の挿入歌となっており、2クール以降はエレクトーン演奏を用いた主題歌のインストゥルメンタル版が使用されている[注 7]

特撮作品としての本分もおざなりにされておらず、躍動感のある戦闘アクション、当時としては精巧に制作された秘密基地や戦闘機などの各種プロップやミニチュアセット、光線技に見られる光学合成などは、円熟された特撮の妙味を醸し出している。

それまでのウルトラマンシリーズは、OP映像にキャラクターのシルエット映像が使用されていた。しかし、本作はZATのメカニックを紹介する映像(主にそれぞれが格納庫から現れて基地から発進する様)となっている[注 8]

本作のレギュラーには大物俳優や有望株の新人タレントが揃えられたため、交代や降板が目立った。例を挙げると以下の通り。

  1. ヒロインの白鳥さおりをあさかまゆみが演じたが、第16話で降板し、第20話から小野恵子に交代。
  2. 西田隊員が第8話で宇宙ステーションV9に転任。
  3. その後任として上野隊員が登場したが、彼も第35話を最後に姿を消す。
  4. 朝日奈隊長が第1 - 8、10、35、51、53話(最終回)の計12回しか登場していない。
  5. 荒垣副隊長が第51話で宇宙ステーションに転任し、二谷新副隊長が参入した。
  6. ナレーションを担当した瑳川哲朗が、第50話まで担当し、第51話の予告から朝日奈隊長役の名古屋章が担当。

その理由は以下の通り。

  1. あさかが当時の事務所との契約で13話までの出演ということになっていたため(実際は16話まで)。
  2. 三ツ木清隆は『白獅子仮面』の主演に加え『だいこんの花』のレギュラーも入り、スケジュール調整が不可能になったため。
  3. 西島明彦は所属事務所の方針で歌手に転向、同じTBSの『ぎんざNOW』にレギュラー出演することになったため。
  4. 演じた名古屋章が多忙であり、最初から「毎回は出られないと思うがそれでよければ」という契約だったため。
  5. 荒垣副隊長を演じた東野孝彦が怪我のため[注 9]。第49話や第50話でのアフレコにも参加しておらず、代わりに沢りつおが担当した。
  6. 担当した瑳川が急病のため、名古屋が代理を務めた[注 10]


放送話数が全53話と、昭和ウルトラマンシリーズの中では最多となっている[注 11]。また、第2期ウルトラシリーズの中で本作のみが4月に放送終了したが、この理由には「次作『ウルトラマンレオ』の企画が難航したために、本作を1話分追加撮影した[4]」「4月から放送開始する他の特撮ヒーロー番組と競合する編成を避けるためだった[5]」という2説が存在する。

構成

基本的には、怪獣との戦いで瀕死の重傷を負った[注 2]主人公・東光太郎がウルトラの母からウルトラの命を授けられて復活し、ウルトラマンタロウとなって地球を守り抜いていく様を描いている。

第8話以降、小学生の子ども(光太郎を兄のように慕う白鳥健一少年の友達や同級生)の抱えるエピソードに、奇怪な事件およびその主犯となる怪獣とZATの闘いが交差したものが多くなっていき[注 12]、ZATの事件解決に終始している作品はほとんどない(終盤では、光太郎や他の隊員たちはBパートに入ってから出番が増える回が存在する)。これは第2期ウルトラシリーズの特徴といえるが、本作で最も顕著に表れている。

怪獣

前半の敵は怪獣のみで、本作の怪獣は前作『A』の「超獣(怪獣を超える存在)」の設定を覆し、「超獣を超える怪獣」であると設定されていた。第1話では超獣オイルドリンカーが怪獣アストロモンスに捕食されるシーンが存在し、この「超獣よりもさらに強い怪獣」をアピールしていた。企画案では超常能力を持った宇宙怪獣の登場が想定されており[1]、初期に登場した怪獣にも反映されている。また、実在の生物をモチーフとした怪獣が多いのも、初期の特色である。怪獣の生態が細かく設定されている話が多く、この点も本作のストーリーの特徴の一つとなっている。

その後、第27話でのメフィラス星人(二代目)の登場を皮切りに宇宙人も多く登場するようになり、終盤では独特で奇抜な怪獣が多く登場するようになった。なお、タロウやZATが怪獣、とりわけ人類と対立する意思を持たないものの生存権を尊重する描写も多く、回が進むごとに顕著になっている[注 13][注 14]

玩具展開

『A』や『ミラーマン』で、ブルマァクから発売された怪獣ソフトビニール人形が不振だったため、本作の怪獣はほとんど商品化されていない。しかし『A』のタックファルコンや『ミラーマン』のジャンボフェニックスなどのメカ類は好調だったため、本作はメカ類を売り出すことに注力しており、前述のようなオープニングになった。さらにオープニングのみの登場メカ、本編に未登場のメカなども商品化され、どれも子ども受けする派手なデザインとなっていた。

また、「ウルトラ兄弟セット」や「ウルトラファミリーセット」などの形式で、過去のウルトラマンソフトビニール人形がセット売りされるようにもなる。こうしたヒーローや防衛チームメカ重視の潮流のなかで、怪獣のデザインは商品化を前提としないため、『帰ってきたウルトラマン』の初期のように売れる怪獣をデザインするという縛りから解放され、自由なデザインの怪獣が生まれるようになった。

評価・反響

本作は、変身ヒーローブームが峠を越える中で平均視聴率が17.0%[6]を記録していた[注 15]。同時に、他の第2期ウルトラシリーズとは異なり(各作品の路線変更については各記事を参照)、放映延長に当たっての番組強化に関する文書が作成されず、第19話でタロウがウルトラの母からキングブレスレットを授かったり、第27話から宇宙人が登場するようになったり、レギュラー俳優の交代などはあったが、制作方針に関わるような路線変更がなかった。しかし、それまでのウルトラマンシリーズと異なり、コミカルな演出や派手なメカニックのデザイン、児童をメインにしたストーリーなど、作風に顕著な変化が見られたため[注 16]、旧作ファンには本作を否定する向きもあった[1]

「ファンタスティックコレクションNo.10 空想特撮映像のすばらしき世界 ウルトラマンPARTII」(1978年朝日ソノラマ)によると、児童雑誌の人気投票では常に首位になるほどの人気作だった。そして、本作についてストレートな批判を行っている書籍も同書のみであり、その文章も決して本作を完全否定していない。

ウルトラマンタロウ

ウルトラマンタロウはウルトラの父ウルトラの母の実子であり、ウルトラセブンの従弟でもある(ウルトラの母がセブンの亡くなった実母の妹)。

ウルトラの父と母の養子であるウルトラマンAは義兄にあたる。また、主題歌の歌詞では「ウルトラマンNo.6」と呼ばれている[注 17]。光の国では「タロウ」という名前は「勇気を持ち正義を愛する者」という意味が込められている。

エースの後を受けて地球防衛の任務に就き、地球では宇宙科学警備隊ZATの東光太郎として活躍しながら、超獣以上の力を持つ怪獣や宇宙人と戦う。

公式設定では「光太郎と合体した」とされているが、劇中の描写ではウルトラの母が光太郎にウルトラの命を授けたことで誕生[注 18]しており、光太郎の中にタロウがいるような描写は存在せず、変身後の台詞や掛け声も光太郎役の篠田三郎が担当している。

光太郎のボクサーとしての資質が、変身後も引き継がれている。

他のウルトラマンとは異なり、必殺技の名前を叫んで使用する(劇中ではウルトラの母がマザー光線、ゾフィーがウルトラフロストを、名前を叫んで使用している[注 19]。また、戦闘中にカラータイマーが点滅することが極めて少なく、戦闘終了後に点滅することも何度かあった(ただし、ほとんど第1話の映像を流用している時もあった)が、戦闘開始直後にカラータイマーが点滅することもあった(第41話、第42話)。

ウルトラ兄弟が集結した第33・34話で「兄に頼りがち」や「増長しやすい」と演出されているが、これは第33・34話のみのことである。

第53話でウルトラバッジをウルトラの母に返し[注 20]、人間・東光太郎としてバルキー星人を倒した後、光太郎の姿のまま旅立っていった[注 21]

のちの『ウルトラマンメビウス』で、メビウスが地球に降り立つ20年前(1986年)に光の国に帰還し、現在は宇宙警備隊の筆頭教官として後進の指導に当たっており、メビウスも教え子の1人であると新たに設定された。

身体データ・能力

  • 身長:53メートル
  • 体重:5万5000トン
  • 年齢:1万2千歳(放映当時の設定は1万8千歳)
  • 飛行速度:マッハ20
  • 走行速度:マッハ1(時速1240キロ)
  • 水中速度:160ノット
  • ジャンプ力:600メートル
  • 腕力:ウルトラ兄弟の中で一番のパワーを誇る[注 22]
  • 嫌いなもの:まんじゅう弱い者いじめ[注 23]
  • 職業:宇宙警備隊支部長、宇宙警備隊の筆頭教官
  • その他:ウルトラダイナマイトなどで体がバラバラになっても、心臓が無傷なら再生可能。また、想像以上に大きなダメージを受けると、カラータイマーが点滅していなくても身体が青白く発光しながら消滅する。エースに匹敵するエネルギーを持つ。

ウルトラバッジ

光太郎がタロウと合体する以前、緑のおばさんの姿に変身したウルトラの母からお守りとして授けられた変身アイテム。普段は光太郎の隊員服の左袖側面に装着している[注 24]。ウルトラスチール製のこのバッジには、中央にウルトラルビーや光波エネルギー吸収装置を備えている。前半では、ウルトラマンエースの変身アイテム・ウルトラリング同様、変身のタイミングがやってくるとウルトラルビーが一瞬光って光太郎に変身を促していたが、後半はこのプロセスが見られなくなった。

前述の通り、光太郎は第53話でウルトラバッジを空の彼方へと投げてウルトラの母に返している[注 20]

正確な表記は「ウルトラバッジ」だが、台本を含めて「ウルトラバッヂ」の誤字が多々見られる。

変身方法

ウルトラバッジを右手に持ち、両腕を左右に広げ、眼前から頭上にかざして「タロウー!」と叫んで変身する[注 25]。このパターンが基本だが、変身ポーズを取らなかった変身も何度か見られた。

また、第43話ではモットクレロンが飛ばしてきたと思われる大根を左手に持ち、そのままバッジを持った右手と頭上でクロスするという珍妙な変身場面もあった。変身ポーズは篠田が自ら仮面ライダーなどの変身なども参考に自ら考えたポーズであるという。

ストリウム光線
タロウの光線技の一つ。劇中で最も多く使った必殺光線。開いた右手を高く上げると同時に左手を腰にあて、そこから左手を上げて右手に重ねスパークを起こし、両手を腰に添え大気中の宇宙エネルギーを貯めてから、両腕をT字型にして発射する。
当初は技の発動時に「ストリウム光線!」という叫び声を発しており、エネルギーを充填する際に身体が虹色に光っていたが、第23話を最後に見られなくなった。当時の雑誌設定には、技の上達により光らなくなったと解説されていた。しかし、『ウルトラマンメビウス』以降の作品では、これらの描写が復活した。
連射が可能で、ウルトラマンAのメタリウム光線の倍以上の破壊力を持つといわれ[8]、ウルトラ戦士の中では光線の威力が高いとされる[9][注 26]
通常は爆発光線だが、エネルギーの使い方によっては対象を消滅させたり、爆発させずに倒したりすることができる。ただし万能ではなく、無効だった怪獣もいる。エネルギーを貯めずにスピード重視で発射する簡易版や、腕をX字に組んで発射する強化版の「ネオ・ストリウム光線[注 27]もある。
コスモミラクル光線
ウルトラ6兄弟の力をウルトラホーンに集め、普通状態の数十倍の戦闘力を持つ。スーパーウルトラマンになったタロウが使った必殺技で宇宙最強の光線。映画『ウルトラマン物語』で使用した技。
ウルトラフリーザー
熱エネルギーをマイナス変換させて、「ウルトラフリーザー!」の叫びとともに両手から放つ冷凍光線。コスモリキッドライブキングを2体同時に凍らせたほか、ゲランも凍らせている(このときはガス状光線だった)。
アロー光線
ツノのわきからエネルギーを矢尻状にして飛ばす。素早く繰り出せるので、繋ぎ技として使う。ピッコロメモールに使用。
ブルーレーザー
ウルトラホーンから放つ青い熱線。ボルケラーの口から引き出した胃袋、タイラントの鞭、ジレンマの舌を焼き切った。1988年の『ウルトラ怪獣大百科』では、「ホーンレーザー」と呼称されていた。
シューティングビーム
両手先から放つ光線。グロストや、ミラクル星人のビー玉で凍ったテロリスト星人を倒したが、テンペラー星人には無効だった破壊光線タイプと、ゴンゴロスグランドキングに使い、大ダメージを与えた麻痺光線タイプがある。
ハンドビーム(スカーレットビーム、赤色光線)
手先にエネルギーを集中させ、断続的に放つ赤い光弾。オカリヤンを倒した。
フット光線
ジャンプして、スワローキックのポーズで両足から赤色光線を放つ。ロードラの首と腕を跳ね飛ばしたが、すぐに再生されてしまったために通用しなかった。
クロス光線
腕をクロスさせて回転し、周囲にエネルギー波を放射する。メドゥーサ星人に憑依された森山隊員のスーパースワローを墜落させた。
反重力光線
トンダイルが沼の底に蓄えていた球体を浮かび上がらせた光線。
タロウカッター
腕を十字に組んで発射する、三日月型の光のカッター。一度に2発発射され、敵を切り裂いて戻ってくる。テンペラー星人の両手を切り飛ばした。
ビーム手裏剣
右手にエネルギーを集中させ、光の手裏剣を作り出して投げつける。ゴルゴザウルス二世を倒した。
ワイプレーザー
ガンザの泡攻撃で泡まみれになった時に使った光線。帯状の光線で体を包み、泡を消した。
成長停止能力
ガンザの腹から生まれた子ガニに当てた光線。巨大化しないように成長を停止させた。
リライブ光線
生命エネルギーの光線。トンダイルに捕らえられた人々の意識を回復させ、負傷したフライングライドロンの子どもの羽根を治療し、壊れたアンドロイド聖子を宇宙の星に変えるなど、活躍の場が多かった。
ウルトラシャワー[注 28]
水や消火液を噴射する。第19話と第28話で火災を消し止めたほか[注 29]、第41話では落書きから生まれたゴンゴロスの体を濡らして手で拭き消した。第9話ではアリンドウに浴びせており、この際使った液体は油ではないかという説もあるが、真相は不明[独自研究?]
タロウファイヤー
熱エネルギーを炎に変換させて、両手から放つ。1000メートル以上の射程を誇る。お化けキノコを焼き払ったが、小さいキノコが1本だけ残っており、これがマシュラになった。
三日月状光弾(名称不明)
右手から放つ三日月状光弾。『ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース』で牽制技として使用。
アイビーム(ウルトラスコープ)[注 30]
隠れた敵を探し出したり、怪獣の体内を透視する。「イエローガス」に隠れたケムジラ、姿を消したゴルゴザウルス二世を発見したほか、空気を溜め込んで膨らんだグロンの体内を透視して、体内で空気が渦巻いているのを確認したり、ゴンゴロスの本体の核を発見した。
タロウバリヤー
光の壁を作り出して攻撃を防ぐ。バリヤーを出したまま多少は前進または後退することも可能で、ミエゴンの火炎をしばらく防いだあと、突然解除することで敵のバランスを崩し、その隙にスワローキックを決めた。『ウルトラマンギンガ』ではダークルギエルの光線を防ぐ際に使用したが、ギンガに自身のエネルギーを与えたことに加え、ルギエルが光線を重ねてきた為、破られた。
プッシュリターン光線
半球状のバリヤー。敵の攻撃を防ぐだけでなく、バリヤーを前に押し出すことも可能。アリンドウの蟻酸とボルケラーの「ハニアガス」を押し出した。
タロウスパウト(タロウハリケーン)
「タロウスパウト!」の叫びと共に、体をスピンさせて竜巻を起こす。ロードラを竜巻に巻き込んで吹き飛ばし、空中で爆破した。
ウルトラダイナマイト
タロウ単体では最強の必殺技。自分の体にエネルギーを充満させ、自らを爆弾にして相手に突っ込んでいく自爆技。相手もろとも大爆発したあと、タロウは自身の再生能力(上述のように心臓が無事なら再生できる)で復活する。
本編では自分の優しさを踏みにじったカタン星人を倒す際に使ったが、再生に成功しても多大なエネルギーを消耗して寿命を縮めるために封印した。しかし、『ウルトラマンメビウス』第30話でインペライザーを倒すため、メビウスのDVD封入のイラストノベル『ザ・ウルトラマンメビウス』でもカタン星人の別個体を倒すため、封印を破った。2回使っただけで、タロウの寿命が20年短くなるという(ウルトラマンたちの寿命から見れば、微々たるものである)。
映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』ではこのウルトラダイナマイトを応用し、ウルトラマンベリアルによって奪われたプラズマスパークの残された最後の光を命懸けで守り、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンメビウスに後を託した。
タロウ・ジャンファイヤー(ファイヤーダッシュ)
タロウの体に充満させたエネルギーを炎にして一気に飛ばすもの。ストリウム光線の通じないアリンドウにウルトラシャワーを浴びせてからこれを使って倒した。
ウルトラ念力
強力な念力を放つ。エンマーゴの剣で首を切り落とされ、上述の自己再生能力とお地蔵様の加護で復活したタロウが念力を放ち、油断しているエンマーゴの首をはねた。『ウルトラマンギンガ』では、スパークドールズの姿でも使用できる数少ない能力の1つである。
トゥインクルウェイ
腕をクロスさせて放射する光線で、タロウをウルトラの国へと導く。映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』ではメビウスやダイナも使用している。
ウルトラキック
全エネルギーを足に集中し、敵の弱点に浴びせるスピーディなキック。ムルロアの頭部を蹴り飛ばしたほか、映画『ウルトラマン物語』ではウルトラ5兄弟のエネルギーを吸収して「スーパーウルトラマン」と化した状態から、右足を赤熱化させた「スーパーウルトラキック」を、グランドキングに放っている。
空中キック
空中に飛び上がった後、横向きになって両足で繰り出す強力キック。ゴンゴロスに対して使用し、地面に叩きつけた。
スワローキック
空中回転して放つキック技。変身直後や格闘戦で頻繁に用いられる。そのまま足で挟むバージョンもある。ミエゴンを倒した。
ひざ蹴り
敵の腹部や脇などの柔らかい部分をめがけて、強烈なひざ蹴りを何度も打ち込む技。パンドラやムルロアなどに繰り出し、ダメージを与えた。
アトミックパンチ
強靭な肉体をいかしたパンチ攻撃。原子爆弾と同じ威力を持つと言われ、メフィラス星人の腹に大穴をあけたほど。別名「タロウ爆弾パンチ」。巨大化の勢いで飛行しながらアトミックパンチを放つ「フライングアトミックパンチ」もあり、オカリヤンにダメージを与えた。
急降下パンチ
空高くジャンプしたのち、両手の拳を握り合わせ、相手の頭叩きつけるパンチ。高所から落下する勢いをプラスすることで、破壊力を増大させる。メドウーサ星人の頭部に叩きつけて、多大なダメージを与えた。
ウルトラチョップ
主に相手の急所めがけて打ち込むチョップで、一撃で巨大な岩石を真っ二つにする。
ハンドナイフ
リンドンの首を切断した必殺チョップ。
脳天割りチョップ
相手の頭上から打ち込む強烈なチョップ。マシュラやべムスター(改造)に浴びせたほか、「首投げ」で大地に叩きつけたゴンゴロスに連続で叩き込み、ダメージを与えた。
ウルトラスウィング
倒れた相手の体をつかみ、大きく振り回してから遠くの大地へ叩きつける大技。アストロモンス、ジレンマ、パンドラ、マシュラ、タイラント、サメクジラなどを放り投げた。
ウルトラパワー
全身を虹色に光り輝かせ、一瞬のうちに超パワーを発揮する技で、再生エレキングの角を引き抜いた。また、派生技として、球状になったガラキングを、バレーボールのサーブのように右腕で力いっぱい叩きつけ、宇宙空間に追いやった技もある。
ウルトラスロー
敵を掴んで振り回す「ウルトラスウィング」の応用技。メモールを投げ飛ばして宇宙へ追放した。また、ボルケラーを頭上に担ぎ上げたまま高速回転し、その勢いを利用して宇宙空間に放り投げた、「スクリュースロー」と呼ばれる技もある。
首投げ
相手の首を締めつけ、敵がひるんだ隙に力いっぱい放り投げる技で、クイントータスなどに繰り出した。同様に相手の腕や腰などをつかんで引き倒す技もあり、こちらもコスモリキッドをはじめとする多くの敵に使用した。
背負い投げ
相手を背負うように担ぎ上げ、地面に投げつける強力な投げ技。シェルターなどを投げ飛ばしたが、ガンザを投げようとした際は、つかんだハサミが取れて失敗に終わっている。また、相手を両肩に担いで放り投げる技もある。
巴投げ
相手の体をつかんで後ろに倒れ込み、両足で相手の腹を蹴り上げ、後ろに投げ飛ばす大技。アストロモンスやジレンマ、トンダイル、ムルロア、サボテンダー(改造)、マシュラ、ゲラン、メモール、ベロン、ガラキング、ドロボン、サメクジラなどに放った。
岩石落とし
相手を頭上高くまで担ぎ上げ、体を回転させることで勢いをつけたのち、放り投げる荒技。変身すると同時に、ベロンを担ぎ上げて投げ飛ばした。
ウルトラリフター
頭上に担ぎ上げた相手を放り投げた技。サボテンダー(改造)やゲランなど、多くの怪獣に使用したほか、ZATの新型爆弾・AZ1974が取りつけられた。ムルロアを投げ飛ばし、空中で爆発させたこともある。
6兄弟リフター
ゾフィー、ウルトラマン、セブン、ジャック、エースのウルトラ5兄弟とともに、高速回転しながら敵を空中に放り投げる合体技。テンペラー星人の2体目を投げ飛ばしたのち、「ネオストリウム光線」を繰り出して撃破した。
ボール作戦
少年が持っていたウルトラマンボール(投げると二つに割れてパラシュートが出てくる、玩具のボール)を利用した戦法。ミクロ化してボールの中に隠れ、それを少年に投げてもらうことで敵に接近し、ボールから飛び出して敵の体内に侵入、巨大化して内部から粉砕する。テンペラー星人を倒したが、倒したのはダミーだった。本物との戦いでは、ウルトラ6兄弟全員がボールの中に入り、少年たちに投げてもらうことで、6人全員が敵に接近してからの登場に成功している。
塩漬け作戦
塩の入った巨大な桶を出現させ、そこにモットクレロンを押し込んで塩もみすることで、養分を塩に吸い取らせて元の小さな怪獣に戻した。
豆まき作戦
節分の豆が入った枡を出現させ、オニバンバに豆をぶつけてダメージを与えた。
ウルトラ・シックス・イン・ワン(ウルトラ6重合体)
タロウを基本体としたウルトラ5兄弟との合体。ウルトラタワーに収められているウルトラベルを手に入れるために使った。『ウルトラマン物語』ではウルトラホーンに6兄弟のエネルギーを集めることで合体を果たして、スーパーウルトラマンとなった。
タロウショット
映画『ウルトラマン物語』で、幼少時のタロウが使った、両腕をL字型に組んで発射する光線。一部資料[要文献特定詳細情報]では「ワイドショット」と表記される。成長に伴い、ストリウム光線を習得して以来使わなくなった。
トリプルスピンビーム
映画『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』で使った、初代ウルトラマン、ウルトラセブン、タロウの3人による合体技。「トリプルスピンビーム!」と叫び、肩を組んで回転しながら、敵のエネルギーを中和させるアンチエネルギー波を放つ。怪獣帝王ゴモラのキャッチビームを無力化した。
ウルトラフラッシャー
「ウルトラフラッシャー!」と叫び、初代マンのスペシウム光線、セブンのエメリウム光線、タロウのストリウム光線を同時に撃つ合体技。映画『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』で使い、トリプルスピンビームで無力化したキャッチビームを破壊して中に閉じ込められていたハヌマーンを救出した。
ウルトラチャージ
劇場版『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』で使った、緑色の光エネルギーを、他のウルトラ戦士に分け与える能力。Uキラーザウルス・ネオと戦うウルトラマンらの救援に現れた際、両腕からウルトラマンとセブンのカラータイマーに向けて放ち、回復させた。
ヒーロー光線(本編未使用)
額のビームランプから放つ、溶解光線。内山まもるの漫画作品では幾度か使用している。
ガッツニードル(本編未使用)
拳から放つ、針状の連射光線。
ウルトラ噴流(本編未使用)
両手を合わせ、6色の煙を噴射する。一部の古い資料[要文献特定詳細情報]にはロードラを倒した技とされている物もあるが、誤りである。
ダッシュワープ(本編未使用)
星から星に瞬間移動する。

装備・道具

タロウブレスレット
タロウの持つ、攻撃用小型ブレスレット。コスモリキッドに対して使用した両刃の槍ブレスレットランサー[注 31]に変化するほか、オカリヤンの口を封じるために使われた光の輪・セット光線を放つ。劇中では2度使用されている。ブレスレットを変化させて使ったのがランサーのみであったため、「タロウブレスレットは一度しか使われていない」とする文献[10]もある。
ウルトラマンレオ』第34話に客演したウルトラマンジャックは、ウルトラブレスレットではなくこのタロウブレスレットを装着していた。
キングブレスレット
ウルトラの母が授けた、大きめの特殊ブレスレット。口輪やマジックハンド、水の入ったバケツに姿を変えるほか、ブレスレットリライブ光線やドライヤー光線を放ったり、タロウバリヤーを発動したりなど、数々の能力を持つ。資料によっては、キングブレスレットもブレスレットランサーに変形可能と記載しているものもあるが、本編では未使用。
口輪作戦
ブレスレットの大きさを変えてバードンのくちばしにはめ、締め付けて火炎攻撃を封じた。グロンの口を塞いだこともある。
放電能力
ブレスレットを敵に投げつけて、敵に命中すると同時に電流を流す。バードンに数回ダメージを与えて撤退させた。
分身作戦
ブレスレットの力で2人に分身する。飛行しながらバードンに使用、撹乱させて大熊山に激突させて倒した。
ブレスレットリライブ光線
ブレスレットからリング状のリライブ光線を放ち、ハンターに殺されたチンペを生き返らせた。また、パンドラの傷も癒した。
タロウバリヤー
上記の技とは異なり、ブレスレットから半球状のバリヤーを発生させる。メフィラス星人(二代目)の「アイリスレイ」を防いだ。
ウルトラチェーン
ブレスレットの力で縄を鎖に変える。再生エレキングの弱点の角に絡めた縄を鎖に変え、全身のパワーを全開させる「ウルトラパワー」で角を引き抜いた。
毒素消去能力
ブレスレットから放つ解毒光線。マシュラの毒でキノコ人間にされた人々を元に戻した。
ドライヤー光線(ブレスレットビーム)
ブレスレットから放つ熱光線。火に弱いマシュラを倒した。
ウルトラ解凍
ブレスレットから高熱を発し、氷を溶かす。グロストの「フローズンホワイト」で凍らされたタロウを解凍した。
クリスマスツリー
ブレスレットの力で東京タワーに飾りをつけてクリスマスツリーに変えた。第38話で使用。
ウルトラランス(タロウランス[11]
ブレスレットの力で[注 32]、タイラントから奪った鞭を光の槍に変え、投げつけて突き倒した。ストリウム光線の3倍の威力がある[14]
ブレスレットの力で花の咲いた桜の枝を作り出した。第41話で使用。
バケツ
ブレスレットが変形した、水の入った青いバケツ。酔っ払って暴れるベロンに水をかけて酔いを覚ました。
このバケツは2006年に発売されたウルトラ超合金のタロウにおまけとして付属している。また、ULTRA-ACTのウルトラの母に、別売りのタロウに使用するおまけとしても付属する。
マジックハンド
ブレスレットが変形したマジックハンド。オルフィのへその中に隠れたカーン星人をつまみ出した。
ウルトラベル
厳密に言えばタロウの装備ではないが、ムルロアとの戦いで使われた道具。ウルトラの国のウルトラタワーに隠されている奇跡の鐘。無限のエネルギーを秘め、鳴らすことで神秘の力を発揮する。ウルトラ長老が作り上げたもので、3万年前、エンペラ星人の怪獣軍団がウルトラの国を襲った際、ウルトラベルの奇跡で撃退したと言われている。ウルトラタワーの命の炎に守られているため、タロウはウルトラ兄弟と合体してスーパーウルトラマンになりベルを入手。ムルロアの吐き出したアトミックフォッグに包まれた地球を、ベルの奇跡で黒煙を取り払った。ゲーム『ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』では、敵を小さくしたり、相手の体力を減らすといった効果もある。

生い立ち

学年誌での設定に基づく{{#invoke:Footnotes|sfn}}。

誕生
誕生時は元気な大きい赤ん坊で、その大きな泣き声にウルトラの父もウルトラの母も驚いた。光の国では子供はすぐ大きくなるが、タロウの場合は特に早かった。生後2週間で歩けるようになり、さらに1カ月すると喋れるようにもなった。小さい頃はいたずら好きで、ウルトラの父にゲンコツされるとすぐに泣き出した。
子供時代
従兄のセブンとはよく一緒に遊んでいた。セブンとは歳が3000歳しか違わなかったため、いい遊び相手だった。タロウは力が強くて少し乱暴な子で、心配したウルトラの父が宇宙から善良な怪獣(ラビドッグではない)を連れてきて育てさせると、タロウはこれをとても可愛がり、これがきっかけで優しい子供になった。遊びが大好きで空中公園のガキ大将でもあり、他の子供達にも人気があった。8歳の時、12トンもある石を持ち上げたことがある。
学生時代
約3000年前、学校に入学。ウルトラの父と母の実子とあって勉強と体操が得意で、勉強を皆に教えてやったこともあり、子供オリンピックの飛行競争で優勝経験がある(地球にはこの頃、遠足で一度訪れている)。学科は平均して成績優秀で特にロボット学と宇宙怪獣学を得意とし、合計点は750点。また、一番に卒業している。ちなみに、この時の校長はゾフィーだった。
卒業後
技を磨くため、色々な星に出かけては凶悪怪獣と戦った。L・P星雲で体重が200万トンもある嫌われ者の怪獣デスガドンを倒し、アンドロメダ星雲で怪獣ダイヤキングを捕らえて宇宙墓場に連れていった。
現在
プラズマ核融合装置にいた時、怪獣ギロンガを倒した。その活躍を見ていたゾフィーからウルトラ6番目の弟に選ばれ、地球に派遣されることになった。そして、TVシリーズの展開へと繋がっていき、現在に至る。

デザイン・造型

デザインは井口昭彦[1]。ウルトラセブンの姿をベースとして[注 33]、頭部には、2本の角がある[注 34]。さらにセブン同様、額のビームランプと、アイスラッガーのような大きな突起を持ち[注 35]、胸にはカラータイマーを備えている。

角はウルトラの父の角が好評であったことから取り入れられた[1]。デザイン画では、耳の後ろから後頭部にかけて段差が存在したが、造型では省略されている[1]

姿が似ていることから本作の第40話と次作『ウルトラマンレオ』第1話のセブンの着ぐるみは、アトラクション用のタロウの着ぐるみを改造して製作したもので、その名残で耳が付いていないと俳優・京本政樹が書籍で述べているが、昭和末期に発行された円谷プロファンクラブ会報誌に「アトラクション用セブンに電飾をした物」と記述されている。

他作品での活躍

映画『新世紀ウルトラマン伝説
他のウルトラ戦士とともに天空魔と戦った。
映画『新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE
他のウルトラ戦士とともに、ウルトラマンキングの誕生日を祝福。
ウルトラマンメビウス
第1話(イメージのみ)、第24話、第29[注 36]・30話、第50話、劇場版、OV『外伝 ゴーストリバース』に登場。
『タロウ』の最終回(第53話)で人間・東光太郎として生きることを選び、その後も地球での生活を続けていたが、メビウスが地球に派遣される20年前(1986年)にヤプールを封印したウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャックウルトラマンエースの4兄弟に代わって光の国に帰還。セブンの後を継いで宇宙警備隊の筆頭教官に就任し、後進の指導に当たっている[注 37]。メビウスも教え子の1人であり、タロウも彼同様に地球での戦いを通して大きく成長を遂げた。また、ウルトラ兄弟の中でも伝説的存在とされる「ウルトラ6兄弟」の1人にカウントされている。
劇場版ではUキラーザウルス・ネオ出現時、ゾフィーとともに登場。メビウスや先の4兄弟にエネルギーを分け与え、Uキラーザウルス・ネオと戦った。第24話でヤプール復活を察知してメビウスの救援に向かおうとしたが、ゾフィーによって静止を受ける。
第29・30話で「途方もない脅威」が地球に迫っていることを察知したウルトラの父からの命により、メビウスが「来たるべき戦い」のための力を蓄えるまでの間、代わりに再び地球を守ることになった。しかし、メビウスがGUYSクルーの思いを受けてインペライザーを倒したのを見て、GUYSクルーに説得されながら、メビウスに引き続き地球で戦うことを許した。
第50話では先の4兄弟、ウルトラマンレオ、アストラ、ウルトラマン80と協力し、エンペラ星人の力で太陽を覆い尽くしていた黒点を消滅させた。
『ゴーストリバース』では、怪獣墓場にてエース、メビウス、ウルトラマンヒカリとともに、復活した暗黒四天王(ヤプールの怨念が乗り移ったメビウスキラー、デスレム、グローザム、アーマードメフィラス)と戦い、エンペラ星人復活を阻止した。
映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE
ウルトラマンベリアル復活時、宇宙警備隊訓練生を率いて真っ先に立ち向かうが、返り討ちにされた。その後、ベリアルの攻撃からウルトラの父とウルトラの母を庇い、ベリアルがプラズマスパークタワーからエネルギーコアを奪った後、残されたわずかな光をウルトラダイナマイトの応用技で守りながら凍結した(その光は、ウルトラマン、セブン、メビウスがベリアルに立ち向かう時に託されている)。そして、ウルトラマンゼロがベリアルを倒してエネルギーコアを取り戻したことで復活した。
映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国
アナザースペースへと旅立つゼロに、他のウルトラ戦士とともにエネルギーを与えた後、光の国を襲撃したダークロプス軍団を迎え撃つ。

上記2作品では、『メビウス』での「宇宙警備隊の筆頭教官として後進の指導に当たっている」「ウルトラ6兄弟の1人にカウントされている」という設定が継承されている。

ウルトラマンギンガ
レギュラーキャラとして登場。他のウルトラ戦士とともにスパークドールズに変えられたが、辛うじて自我を残しており、降星町で出会った礼堂ヒカルたちをサポートする。会話やある程度動くことができるほか、ウルトラ念力やテレポートを駆使する。自身が元の姿に戻れないことを「早く大きくなりたーい」と嘆く、布団で寝たり正座で卓袱台の前に座るといった一面を見せるなど、コミカルな一面も見せる[注 38]。第6話では、回想シーンに幼少期のタロウが登場している。第11話(最終回)で、降星町の人々の手に出現したギンガライトスパークの力で復活してダークルギエルと戦い、光をギンガに分け与えた。ルギエルが倒された後は、怪獣たちやギンガとともに宇宙へと帰っていった。

主な登場人物

ZAT隊員

東光太郎(ひがし こうたろう)
本作の主人公で、22歳の明るく活発な好青年。
世界中を旅した後、白鳥船長のタンカーに便乗して日本に帰ってきた。オイルドリンカーアストロモンスに立ち向かった勇気と行動力を評価されてZATに入隊後[注 1]、アストロモンスの攻撃によって瀕死の重傷を負ってしまったが[注 2]ウルトラの母とウルトラ5兄弟の導きでウルトラマンタロウと合体して復活する[注 39]
普段は、恩人でもある白鳥船長の家に下宿しており、白鳥船長の子・さおりや健一とは本当の家族同然に仲がよく、健一からは兄のように慕われている。また、その明るく子供好きな性格でZATの仲間達とも良好な人間関係を築き上げ、事件の渦中で知り合った子供達とも心を通わせる。
元々はボクサー志望だったため、ZATに入隊後もボクシングジムに通い、朝のロードワークを欠かさず行なっていた。第10話では、減量に耐えながら臨んだ日本アマチュア新人王戦で見事にKO勝ちした(その後もボクサーを目指していたのかは不明)。ボクシングは自分のため、最後の最後まで戦い抜くためにやっている[注 40]
タロウの力に溺れる、ZATの仲間達と衝突する、謹慎処分になるなどの描写は見られなかった。
第53話で白鳥船長を失って心が荒んだ健一に真の勇気を示すと同時に、自身もタロウの力に頼らずに生きることを決意。ウルトラバッジをウルトラの母に返し[注 20]、タロウに変身せずにバルキー星人を倒した後、ZATを退任して銀座の雑踏の中に消えていった[注 21]
ウルトラマンメビウス』以降の作品にタロウが登場しているが、篠田三郎が出演していないために光太郎は登場しておらず、同時に光太郎のその後についても説明されていない[注 41]
企画書では姓の読みが「あずま」だった[16]
朝日奈勇太郎(あさひな ゆうたろう)
年齢42歳(第3話で自ら発言)。ZAT極東支部の隊長。
第1話で光太郎の勇気と行動力を見込んで、彼をZATに入隊させた。また、白鳥船長とは親友であり、これが縁で光太郎に白鳥家への下宿を命じた。
前夜に何を食べたかで出動メンバーを決めたり、第3話でコショウ2トンを使って光太郎を救出するなど、これまでの隊長とは一線を画すユニークさも多く見せた。その一方、第5話では怪獣撃退を優先するスミス上官と鮫島参謀に真っ向から刃向かってイニシアチブを奪ったり、第35話では「女の子がほしがるものは何か」というところから敵の罠を見破るなど洞察力に優れる一面が見せたこともあった。責任者ゆえなのか、様々な任務を抱えていたため、現場はおろか極東支部の作戦室にも姿をあまり見せなかった(第9話以降)。
第53話で光太郎が再び旅立っていく時、握手を交わして送り出した。
企画書での名は橘勇(たちばな いさむ)[16]
男性隊員のユニフォームは胸のラインが赤に白の縁取りが施されているが、彼(隊長)のみ黒に金または白の縁取りである。
第19話でバードンの各地の被害によって、上層部との会議でかなりきついことを言われていた[注 42]という書籍[要文献特定詳細情報]がある。
荒垣修平(あらがき しゅうへい)
年齢29歳。朝日奈隊長に代わり、現場で部隊の実指揮をとる事が多い、ZAT極東支部の副隊長。
鷹揚で懐の広い人物であり、的確な命令を下す判断力と、それらに裏打ちされた厚い人望を持つが、時折可愛らしい一面も見せる。髭を生やしていたり、サングラスをかけていたりした時期もあった。大食漢であり、会食でおにぎりカレーライスを一緒にパクつくほど。第50話を最後に宇宙ステーションに転任して極東支部を離れた。第53話では、ZATを退任して旅立つ光太郎が朝日奈に向かって「荒垣さんにもよろしく伝えてください」と触れられていた。
第33・34話では、ウルトラマンが身体を借りた。
これまでの作品にも副隊長格の隊員は存在したが、「副隊長」が正式な階級として採用されたのは、彼が最初である。これは前述の通り、朝日奈隊長役の名古屋章のスケジュールに配慮した結果であるが、「正副隊長」というチーム構成はのちの作品にも影響を与え、以後は全体を統括する隊長と、現場を指揮する副隊長という役割分担が明確化された[要出典][注 43]
二谷一美(にたに かずみ)
第51話で、荒垣に代わって極東支部に赴任してきた新副隊長。
涙もろく負けず嫌いで、副隊長は免除される隊員の体力テストを受け、若い隊員たちに威厳を見せつけようと奮闘したりする一面もある。スーパースワローを指揮官機として好んで搭乗する。
わずか3話の登場であるが、第52話ではドロボンを倒す活躍をしており、隊長と副隊長のなかでは唯一スカイホエール、コンドル1号、スーパースワローの3機すべて搭乗している(朝日奈、荒垣はスーパースワローのみ搭乗していない)。
演じた三谷は当時41歳で、歴代の防衛チームの副隊長を演じた俳優としては最年長であった。[独自研究?]
北島哲也(きたじま てつや)
年齢27歳。情報分析と、それに基づく兵器やマシンの開発を得意とする隊員。
弁当は忘れても釣り道具は忘れたことがなく、海や沼に行くと任務を忘れて釣りを始めるほどの、大の釣り好き。兄弟がいるらしく、本人は長男だという。普段は東京都内のアパートで独り暮らしをしている。
真理という初恋の幼馴染を眼前で黒い服の男(ドルズ星人)に連れ去られたトラウマを密かに抱え、第45話で再会を果たす。
第33・34話では、ウルトラセブンが身体を借りた。
南原忠男(なんばら ただお)
年齢22歳。九州は宮崎出身で、自らのことを「太陽の子」と表現する明るい性格の隊員。マシンの操縦や射撃の腕は、一流である。
実家に母親・おたかがいる。また、第51話では婚約者の珠子と結婚した[注 44]
第33・34話では、ウルトラマンジャックが身体を借りた。
西田次郎(にしだ じろう)
年齢19歳。放電作戦が得意な若手隊員。一応は、第1話で入隊した光太郎の先輩であるが、年齢が自分より上の光太郎を兄貴分として慕っている。
第8話で宇宙ステーションV9に転任するが、第13話ではナビゲーターとして再登場する。
当初、第42話では再登場する予定だった[要出典]
上野孝(うえの たかし)
年齢18歳。第8話で、西田隊員に代わって極東支部に赴任してきた最年少の隊員。
西田隊員とは異なり、正真正銘の光太郎の後輩に当たるため、本人も光太郎のことを良き先輩・兄貴分として慕っていた。第25話で、ムルロアをAZ1974で撃退する活躍を見せる。第35話をもって登場しなくなるが、異動なのか除隊なのか真意は不明。
第33・34話ではウルトラマンAが身体を借りた。
これまでの作品では、主人公は防衛チームの中でも最も格下であることが多かったが、途中からの参加とはいえ、主人公より格下であることが明確にされた隊員は『ウルトラマン』のホシノ隊員以来であり、正規隊員としては上野隊員が初めてである。
森山いずみ(もりやま いずみ)
年齢18歳。ZAT極東支部の女性隊員(エキストラ扱いで彼女以外の女性隊員も劇中で確認できる)。気配りがよい女性で、お茶やアイス、ガムを隊員に用意したりする。
主に通信を担当し、情報処理が得意だが、戦闘の腕も一級品。初めての実戦参加は第8話だが、その戦闘能力の高さは朝日奈隊長をも驚かせた。
第11話では、光太郎の頼みで留守のさおりの代わりに白鳥家に泊まって家事を務めている。第38話で光太郎との婚礼を夢見ているという描写があるが、描写自体がお遊び的場面だったため、実際に彼に想いを寄せていたか否かは不明(ただし、光太郎に好意を持っていると記述されている書籍[要文献特定詳細情報]が存在)。

白鳥家

白鳥潔(しらとり きよし)
第1話でのみ登場。光太郎が日本に帰国する時に乗船した、大型タンカー「日日丸」の船長。白鳥姉弟の父親でもある。普段は世界を航海しているため、家にいないことが多い(第7話ではペルシャに滞在)。妻は既に他界している。
臨時の乗組員だった光太郎を正式に雇用するつもりだったが、光太郎がこれを辞退したため、実現しなかった。朝日奈隊長とは親友であり、このことが縁で光太郎が白鳥家に下宿することとなる。
光太郎を日本に送り届けてから1年後となる第53話で、帰国途中に三浦半島沖でサメクジラに殺された。
企画時は『ウルトラQ』で関デスクを演じた田島義文がキャスティング候補に挙がっていた[16]
白鳥さおり(しらとり さおり)
18歳→19歳。白鳥船長の長女である女子大生。弟の健一や居候の光太郎と3人で暮らし、母が既に他界しているため、家事をしっかり切り盛りする女性。ソフトボール経験があり、運動神経がいい。
光太郎に深い想いを寄せているが、光太郎が他の女性といることに対して焼きもちを焼いたり、森山隊員に対してライバル心を抱いたりしたことは全くないなど、人間ができているような節がある。
第53話で光太郎が再び旅立っていったため、光太郎と結ばれることはなかった。
企画時の名は「かおり[16]
白鳥健一(しらとり けんいち)
白鳥船長の長男にして、さおりの弟でもある、明朗快活で勇敢な小学5年生。
光太郎とタロウに憧れ、光太郎を兄のように慕っており、第28話では光太郎に頼まれてエレキング(再生)捜索に協力している。光太郎との繋がりで、ZATの隊員たちとも親交がある。
成績はオール1か2だが、テストで85点を取ったことがある(第31話)。第27話で少年野球チーム・旭丘トパーズに所属している描写が描かれたが、その後も所属していたのかは不明。
父が普段、家にいないことを寂しがってはいるものの、父が船長であることを誇りにしている。第53話ではその父親がサメクジラに襲われて死亡し、心が荒んでしまったが、自分の力で困難に立ち向かう真の勇気を光太郎から教えられ、強く生きていく決意をした。
光太郎がタロウであることを確定的に知った、唯一の人物でもある。
演じた斎藤信也が実際に変声期だったため、回(主に中盤)が進むにつれて声が変わっていった。

その他

スミス長官
第5話に登場。地球警備隊極東支部の長官。オロン島が彼が統括する区域にあること、怪獣が産卵しており繁殖して数が増えれば危険であること、船舶が既に撃沈されていることなどを理由としてトータス夫妻への殲滅命令をZATに命令するも、全く聞き入れずに生かそうと主張するZATに「被害が出たら全責任はZATに負ってもらう」と怒り、「もうZATには頼まない」とZATの作戦を逆手に取った上で攻撃艦隊を差し向ける。そしてトータス夫妻がオロン島に入ったのを見計らって総攻撃をかけ、オロン島を沈没させた。
鮫島参謀
スミス長官の側近で、第5話に登場。腰巾着のようにZATにトータス夫妻攻撃を命じたが、反発して長官を怒らせたことに対して朝日奈隊長を激しくなじっていた。
佐野隊長
ZAT第1ステーションの隊長。ベムスター(改造)の襲撃を受けて死亡した。南原隊員が見習い時代、世話になったという。妻と息子のトオルがいる。
大谷博士
ZATに協力した宇宙権威の第一人者で、以前からテンペラー星人の存在を認知していた。栄一という息子がいる。ゾフィーに身体を借りられた。
南原たか(なんばらたか)
第13話と第51話に登場。宮崎に住む南原隊員の母親。彼女の明るくハイテンションな性格は、忠男にも受け継がれている。タロウのことを「タロウさん」と呼んでいた。近眼であり、メガネをかけないと何も見えない。第51話で忠男の許嫁・珠子を連れて上京した。
珠子(たまこ)
第51話に登場。南原隊員の許嫁。父が他界したため、たかとともに上京するが、南原からは当初結婚について取り合ってもらえなかった。リンドンからたかを庇って死亡してしまったが、ウルトラの父のウルトラクラウンによって蘇生した後、南原と結婚した。旧姓は今井。

ZAT

ZATとは、"Zareba of All Territory"[注 45][注 46]の略で、地球外からの脅威に立ち向かう特殊編成部隊である。

本部はニューヨークの国連本部内に存在し、支部は南アフリカ連邦(アフリカ)、日本(極東)、アメリカ北極アルゼンチン(南米)、フランス(フランス)の6ヵ所にある。

後述のようにアットホームな雰囲気を見せ、ユーモラスな作戦を展開するが、戦闘力と知力を兼ね備えた精鋭であり、コスモリキッド、再生前のデッパラスシェルタームルロアベムスター(改造)ベロクロン二世(改造)ドロボンバルキー星人といった強敵を撃破する実績をあげている。単独の巨大怪獣撃破数はウルトラシリーズの歴代防衛チームの中でも群を抜いている。また、他の防衛チームでしばしば見られた隊員同士の対立の構図がほとんどなく、基地の司令室で飲食したり、将棋を指しているところが描かれたり、市民と草野球やバレーボールに興じたりと、明るくアットホームな雰囲気が貫かれた。

極東支部も各国と連携をとりながら、作戦行動を行っている。宇宙ステーションも複数存在する。

既述の通り、隊員たちの交代が多いが、同時に劇中の世界がこれまでのウルトラシリーズに比べて広がっている。第13話でZATが九州で演習を行う時、宇宙ステーションに転勤した西田隊員が連絡係として再登場。さらに第27話では、マンダリン草を探すために世界各地のZAT隊員が登場、航空機ドラゴンには通常のZAT制服とは異なる隊員が搭乗していたり、ZAT基地にも森山隊員の他に多くの女性隊員が勤務していた。さらに、第40話では木星にも宇宙ステーションが確認されている。放映開始時における男性隊員の苗字は、主人公である東を始め、西田・南原・北島と方角にちなんで命名されている。

また、第5話には地球警備隊という防衛組織が登場しているが、ZATとの詳しい関係性は不明である。劇中では極東支部所属の戦力として、空母を含む艦隊が登場した。また、キングトータスクイントータスが棲息していたオロン島を管理下[注 47]に置いている。

ZAT極東支部の一番の特徴は豊富な作戦である。個々の怪獣の特性を見極め、それぞれに対応する作戦を編み出し、それを遂行していく。失敗することも多いが、発想は実に柔軟である。

他の防衛チームにはウルトラマンとの関係(「ウルトラマンがいつも怪獣を倒すのだから、自分たちは必要ないのではないか?」というジレンマ)に苦悩する隊員が少なからずいるなかで、ZATの隊員達はウルトラマンタロウとも信頼関係で結ばれており、自分達の存在意義を疑わずに互いに助け合って敵と戦う。タロウ登場後に荒垣副隊長が「タロウを援護する」と発破をかけたり、逆にタロウがZATの作戦を援護する場面がシリーズ中多数見られる。

前述のように、本作は防衛隊メカを売り出すことに注力しているうえ、『ウルトラマン』の時代にはなかったヘルメットやガンなどの防衛隊装備の関連商品が充実しており、商業的に見るとZATは十分な存在意義を持っていた。

ZATが使う戦闘機や車輌などの装備は、ウルトラシリーズきっての奇抜なデザインで知られている。『ウルトラ超兵器大図鑑』では、独自のSF的考証(本書注意書きより)でそれらの兵器はヤプール大戦中のTACの時代に盛んに行われた異星の技術研究から生まれたものであり、コンドル1号やスーパースワローの穴の開いた両翼は「重力制御コイル」という装備が搭載されているためと解説されている。

隊員たちは半年に一度、体力テストで審査される。これは科学的知識はもちろん、常に隊員達が強靭な肉体を要求されるためである。ただし、隊長と副隊長は体力よりも指揮能力が問われるため、この審査は免除されている。

前作『ウルトラマンA』までの防衛チームのユニフォームは男女同じだったが、ZAT極東支部の女性隊員のユニフォームは下がスカートになっている。女性隊員のユニフォームがスカートなのは、本作と次作の『ウルトラマンレオ』の2作のみ[注 48]で、『ウルトラマン80』以降は再び男女同じユニフォームに戻っている。また、『ウルトラマンガイア』、『ウルトラマンマックス』、『ウルトラマンメビウス』では女性隊員のユニフォームはズボンとスカートの2種類がある。

歴代の昭和ウルトラマンシリーズで唯一、防衛チームのテーマソングが作曲されていない。

極東支部基地

ZAT極東支部の所在地は、東京都千代田区霞ヶ関1丁目1番地1号にある[注 49]

円盤状の基地本体部と、地下に置かれた各メカの格納庫、本体部と格納庫を繋ぐシャフト状のタワー部で構成されている。本体部には、隊員たちの司令室をはじめ、コンピューター制御室、応接室、兵器開発区、居住区、情報区、発進ゲートなどがあり、各航空戦力はタワー内部の回転式エレベーターで本体部までリフトアップされる。緊急事態の際は、本体部が底面からジェット噴射を行い空飛ぶ円盤として機能し、危機を回避することが可能(下部タワー部分は地下へ格納される。基地自体に自衛火器の類は装備されていない模様)[注 50]。この機能は本来、地下格納庫から直接発進すると思われるアンドロメダの発進を妨げないためのものと思われるが、第1話と第10話で怪獣に襲われた際にのみ使用された。このため、基地自体が重大な被害を受けたり、宇宙人の侵入を許さなかったりする等、地味ながら功績を上げている。

この基地の隣には、事務セクションのオフィスビルも存在する。

一般市民による本部の見学は可能だが、その際には1週間前までには申し出て、怪獣や宇宙人が化けていたり、憑依していないかのチェックを受けなければならない。

装備

ZATの装備品(航空機、車両、隊員服、武器など)には、曲線、曲面を多用したラインと、先端部に設けられた球状の突起といったデザイン上の一貫した特徴がある。

隊員服

赤と青の明るいイメージの配色のユニフォームで、上下のつなぎ式。高い耐久・耐熱・耐寒性を持つが、光太郎の隊員服は激戦でボロボロになることが何度もあった。また、女性隊員の隊員服は赤と青だけでなく、白も取り入れたミニスカートのワンピースタイプである。

銃器類・特殊装備

ZATヘルメット
耐熱、耐圧性に優れており、通信機が内蔵されている。
通信機付腕時計(正式名称不明)
隊員たちが常に装備している腕時計で、非番の隊員もこれを使って定時連絡を行なっている。
ZATガン
長さ:31cm 重量:1.8kg
ZAT隊員が携帯する拳銃。小型ながら強力な威力を誇り、スカイホエールなどの航空機が撃墜された後の地上戦など全編を通して活躍した。カートリッジによって実弾やレーザー、ガスなどの切り替えが可能だが、第6話ではレーザーでジレンマ、第17話では実弾でケムジラを巨大化させてしまっている。
携行用無反動砲
第2・3話で使用した先端のミサイルを発射する単発式の大型銃で、発射時の衝撃が体にかからない。別名・ZATブラスター。
大型機関砲
1秒に100発の弾丸を発射する大口径マシンガン。
スーパーナパーム
肩に背負った点火剤入りのタンクとともに使う火炎放射器で、長時間放射できる。第1話・3話で使用。
X線レーダー
第2話で登場した電子装備。地上に設置した小型パラボラアンテナからX線を放射し目標内部を透視する。ライブキングに飲み込まれた光太郎を探知した。
ZAT探知機
第6話でジレンマの追跡に使用した装置。
ZATマイティ
殺虫ガスだけでなく火炎放射、熱湯の噴射も可能。第9話でビルに巣食っていた大蟻を駆除するために使われたが、ノズルを溶かされてしまう。第14話で同じモデルの機関銃タイプが確認できる。
地雷
第14話で、エンマーゴ攻撃のために仕掛けた。
ZAT手榴弾
第19話でバードンに対して使用した手榴弾。
ZATバズーカ
第22話のパンドラ攻撃時に登場したバズーカ砲。大型だが軽量で扱いやすくできている。
王水
第23話で使用された大型王水銃。ロードラに対し、塩酸と硝酸の混合液である王水で攻撃したが、ロードラの逆襲によって逆に王水銃自体が溶けてしまい作戦は失敗した。
トロン爆弾
第24話に登場した新型爆弾。ヨーロッパの某国が開発した物で、ZATの装備ではない。「人類終末兵器」と呼ばれるほどの凄まじい威力を持っており、実験の標的となったムルロア星は一撃で破壊された。しかし、この実験によってムルロア星の生物が突然変異を起こし、怪獣ムルロアが誕生してしまった。
スプレー銃
第26話に登場した特殊銃で、ムカデンダーが吐く糸を溶かした。
植物トランシーバー
第31話で登場した装置で、植物の放つ電波を人語に翻訳する機能を持つ。
ZATベル
第36話に登場した防犯用の装備。地面に落ちると大きな音を出す。
ZAT特殊ガン
第42話に登場した銃で、光太郎の後輩・島田がこれを使ってアンドロイド聖子を撃った。

航空機

スカイホエール
全長:60m 全幅:54m 全高:20m 重量:50t 最高速度:マッハ3.3 乗員:6名
主力大型戦闘機で、前線では指揮・管制を司る移動司令室にもなる。また、輸送、偵察といった任務にも使われる多用途機である。上記の作戦に使われる装置は大抵この機で輸送され、2段の水平尾翼が外見上の大きな特徴となっている。大気圏離脱と宇宙空間での航行、さらに垂直離着陸も可能で、機内の化学分析室で薬品調合や白酒の合成も行う。武装はベロクロン二世(改造)を倒した機首のレーザー砲、両主翼付け根にぶら下げている箱形のミサイル / ナパーム弾ランチャー、この他にも機体下面より各種オプション兵装、装置等が装備可能という特長から、様々な作戦や作戦後の攻撃などの要になっている。
コンドル1号
全長:20m 全幅:23m 全高:9m 重量:22t 最高速度:マッハ8.8 乗員:2名
主力高速戦闘機。スカイホエールとペアでの出撃が多く、折り畳み可能のリング状の主翼が特徴的。偵察用カメラと高性能レーダーを搭載し、高度2万mまで飛行可能なため偵察任務にもよく使われたが、大気圏離脱及び宇宙空間の航行はできない。自爆機能もあり、武装は機首のレーザーと主翼の真ん中に付いているZATミサイル。この他にも作戦のために胴体下部にもオプション装備が可能。尾翼部分のミニコンドルは分離して自立飛行が可能(劇中未使用)。
スーパースワロー
全長:19m 全幅:17m 全高:8m 最高速度:マッハ9.1(資料によってはマッハ1.1{{#invoke:Footnotes|sfn}}) 乗員:1名
小回りのきく高性能小型戦闘機。長時間強力噴射できるロケットモーターで大気圏離脱や宇宙空間の航行、宙返りや背面飛行などアクロバティックな飛行も可能。武装は機体下部についているミサイル。
ドラゴン
全長:12m 乗員:2名
第27話に登場した小型高速ヘリコプター。コクピットからの視界が広いため、主に捜索や偵察に使われた。機体上部の3枚のローターで上昇し、ジェット噴射による高速移動ができる。フロートが付いており着水も可能。
ミニチュアは次作『ウルトラマンレオ』の「マック特殊ヘリコプター」にリペイントされて使用された。
アンドロメダ
全長:167m 全幅:32m 乗員:8名
船体の周囲に3基のロケットエンジンを配置し、光子力エネルギーで飛ぶ宇宙航行用大型ロケット。武装はハイパーミサイル、プラズマミサイル、宇宙魚雷など多彩で、恒星間航行も可能。オープニング映像にのみ登場。
マゼラン
全長:6.7m 乗員:2名
アンドロメダに搭載されている小型宇宙戦闘円盤。惑星調査のための着陸船としての役割を持ち、宇宙戦闘機としても使える。玩具は発売されたが、オープニング映像にも未登場で、スチル写真のみの紹介となっている。

車両・潜航艇

ウルフ777(スリーセブン)
全長:6.1m 全幅:1.8m 全高:1.86m 最高時速:300km以上 乗員:5名
地上攻撃用車両。トヨタ・クラウン2ドアハードトップ「HT-SL」(MS51、前期型)がベース。単体での地上攻撃も可能な本車は、強力なエンジンにより最高時速300km以上での走行も可能。耐熱性を誇るボディはバードンの火炎には耐えたが、メモールの火炎には焼かれてしまった。武装はウルフミサイル、ベータ光線砲、機関砲。ラビットパンダと同じく放電装置を持っている。また高性能レーダーも搭載されておりパトロールにも用いられていた。
後年、『プロレスの星 アステカイザー』の敵組織「ブラックミスト」の車両として黒色塗装を施されて流用されている[17]
ラビットパンダ
全長:3.8m 全幅:1.51m 全高:2.75m 乗員:2名
小型特捜車。バモスホンダがベース。フロントノーズに高性能レーダーを装備するなど主にパトロールに使われた。その奇抜で可愛らしいデザインらしからぬ強固な装甲を誇り、対怪獣用レーザー砲、バズーカ砲も搭載されているなど戦闘車両としても威力を発揮した。強力な放電装置を持っている。
ZAT専用車
宇宙人の追跡や偵察に使われる。武装はない。第26話より緑色の三菱・コルトギャラン4ドアセダンが登場。この車両は第34話でテンペラー星人に壊されたため、最終話までは赤い三菱・ランサーが使われた。
ベルミダーII世
全長:23m 全幅:5.6m 全高:8m 最高時速:90km(地上)・60km(地中) 乗員:4名
『ウルトラマン』のペルシダーの後継車である地底戦闘車両。第8話に登場。先端に装備された2基のドリルはダイヤの1万倍の硬さを誇る。ドリルは逆回転も可能。スカイホエールに搭載され現場に輸送される。宇宙でも使用可能とされる{{#invoke:Footnotes|sfn}}。本編での武装は6連装式地底ミサイルだったが、オープニング映像では2基の大型ドリルミサイルが装備されている。
バギー
第12、13話で登場。移動用らしく戦闘には参加していない。
アイアンフィッシュ
全長:46m 全幅:17m 全高:31m 最高速度:40ノット(水上)・35ノット(水中) 乗員:10名
高性能研究用原子力潜航艇。ZAT唯一の水中戦力で深海魚のような姿をしている。武装は左右両舷に搭載されたスーパープラズマミサイルと、上部の超高圧放電装置。本部基地の地下格納庫に格納されている。水深2万mまで潜航可能。
オープニング映像にのみ登場。玩具も発売されているが、本編には登場しなかった。

宇宙ステーション

宇宙ステーションV9
第7話に登場。西田隊員の転任先として名前のみが語られた。『ウルトラマンレオ』にも同名の宇宙ステーションが登場している。
ZATステーションNo.S1009
第13話に登場。西田隊員が赴任しており、九州で演習を行うZATを宇宙からサポートした。V9との関係は不明。
ZAT第1ステーション
第29話に登場。月の軌道上を回るZATの宇宙ステーションの一つで、ZAT本部の隊員たちとも親交があった佐野隊長が勤務していたが、ベムスター(改造)に奇襲され、ZAT本部からの救助も間に合わず丸呑みされてしまった。

作戦リスト

以下は独自の作戦の例である。日用品等をモチーフとしたユーモラスな印象の作戦が多く、ZATの特色を出している。

電気ショック作戦
アストロモンスにスカイホエールから送電線を打ち込んで放電して、電圧を上げたが、暴れだしたため、無効だった。
放電作戦
川の中に電気を流し、生物を追い出す作戦。多摩川に潜むコスモリキッドを追い出すことに成功した。西田隊員の得意の作戦。
高圧パイプ作戦
ライブキングに飲み込まれた光太郎と健一の愛犬ポチを救うためにライブキングの腹にコンドルから高圧パイプを打ち込んで穴を開ける作戦。穴を開けることには成功したが、肝心の光太郎やポチが出てこないうちにパイプを引き抜かれ、さらに腹に飲み込まれていたコスモリキッドが出てきてしまい、失敗に終わった。
コショウ作戦
朝日奈隊長が発案。ライブキングに飲み込まれた光太郎とポチを救うためにスカイホエールから1トンのコショウをばら撒き、ライブキングにくしゃみをさせて光太郎らを吐き出させる作戦。作戦は成功し、ライブキングはくしゃみとともに光太郎らを吐き出した。ちなみに、朝日奈は「(コショウ購入の)払いはZATでツケておけ」と準備中の電話でやり取りしていた。
パンチ弾作戦
初の2対1の闘いで劣勢なタロウを救うべく、瞬時に敵を倒すために考案された作戦。タロウがこれを察し、ウルトラフリーザーでコスモリキッドとライブキングを凍結させた後、コスモリキッドを鉄球で砕いて倒した。
バスケット作戦
光太郎に差し入れられた弁当の入れ物となったカゴを見た朝日奈隊長が発案した作戦。卵を取り戻したものの、自分達で持てないキングトータスクイントータスの代わりに卵を運ぶ作戦。4つの卵を巨大なカゴの中に入れた。当初は怪獣達に口にくわえてカゴを運ばせようとしたが、うまくいかなかったため、代わりにスカイホエールでカゴをオロン島まで輸送した。しかし、トータス夫妻を生かすというZATの方針に激怒していた地球警備隊・極東支部のスミス長官から逆手に取られ、攻撃艦隊のオロン島総攻撃で島ごと沈没させられた挙句、ケガをしたトータス夫妻が凶暴化して日本に逆襲したことによって大失敗に終わった。
中和作戦
ジレンマの吐き出す強力な酸に対し、スーパーアルカリ液を使用。タロウにかけられた中和し、その抵抗力をもたらした。
蟻殲滅作戦
ビルに潜むアリの大群をスカイホエールが蟻酸で誘き出し、コンドルが高圧電流(となっているが劇中では火炎放射にしかみえない)で焼き払う。しかし、作戦は失敗し、アリは合体してアリンドウが生まれてしまった。
ミラー作戦
鏡に映った自分に反応するデッパラスに対し、各戦闘機が巨大な鏡をぶら下げて怪獣を埋立地に誘導。そこにある落とし穴に落としたところをミサイルの集中攻撃で倒した。しかし、一晩で再生し、再生後は作戦が通じなくなった。
虫歯治療作戦
水中ロケットが口に挟まってしまったシェルターのためにスカイホエールがクレーンで水中ロケットを引き抜こうとしたが、間違ってシェルターの歯を抜いてしまい凶暴化。シェルターは最後にその水中ロケットで爆死した。
地雷作戦
頑丈な鎧で武装されているエンマーゴを、地雷で攻撃した。
スプレー作戦
姿が見えないミエゴンにスプレーガスを噴射し、色をつけて姿を明確にした。
手錠作戦
苦戦するタロウを援護するためにオカリヤンの首と左手にスカイホエールとコンドルが強大な手錠をかけ、動きを封じた。
トリモチ作戦
風船ガムが顔にくっつくことをヒントに荒垣副隊長が考え出した作戦。バードンに大量のトリモチをかぶせて動きを封じようとしたが、行水をした直後で体が濡れていたため、しっかりくっつかず中途半端に終わった。
引っぺがし作戦
東京ニュータウンの地下に眠る怪獣を地上に引きずり出すため、地表面を覆うコンクリートを剥がす作戦。スカイホエールから地上へ巨大アンカーを打ち込み、引き剥がすことに成功する。地下にいたのはキングゼミラだった。
ネット作戦
寿命が1週間のセミを保護するためキングゼミラに虫かご代わりにネットを放ち、命を保護した。しかし、ニュータウンの住民がそのあまりにも凄まじい泣き声に我慢できずに怒りを爆発させて、ネットを燃やしてしまった。
ZATハリネズミ作戦
無数の時限ミサイルをロードラの体に次々打ち込み、ハリネズミのようにしてからいっせいに爆発させる。しかし、ロードラにはまったく効かなかった。
王水作戦
ミサイルなどが効かず、車を溶かし続けるロードラを王水で逆に溶かす作戦。結局はロードラの反撃で放射器を溶かされて失敗した。
AZ1974作戦
狭い範囲にのみ有効ながら水爆の3倍の威力を誇るという新型爆弾「AZ1974爆弾」を使った作戦。しかし発射装置や起爆装置等が完成しておらず、ムルロアの襲撃の関係でそれらを取り付ける時間も無かった。このため、発案者の上野隊員自らスカイホエールから怪獣に飛び移って時限爆弾ごと直接体にセットするという決死の作戦として実行する事となったが、作戦は見事に成功し、ムルロアは粉々に砕け散った。
首吊り作戦
スカイホエールとコンドルの間にチェーンを張って弱ってきたムカデンダーの首に巻きつけて締め付けたが、怪獣は首と胴体を分離してこれを逃れた。
アミアミ作戦
メフィラス星人(二代目)を生け捕りにするため、網を放った。原始的ながら逆に斬新な作戦だったが、破壊光線で破られて失敗した。
真っ二つ作戦
過去に現れたベムスターを分析してウルトラブレスレットと同じ威力を持つ回転ノコギリを開発し、スカイホエールに装備してベムスター(改造)に対抗する作戦。回転ノコギリはビルを真っ二つにする威力を発揮したが、ベムスターは巨大ヤプール(改造)に強化されており、ノコギリが破壊されて失敗に終わった。
エネルギー爆弾作戦
ベムスター(改造)の腹の「」がエネルギー吸収口であることを利用し、2種の爆弾を腹に打ち込んで内部で化学反応させ、その爆発で倒した。
薬品作戦
兵器が効かないお化けキノコ(マシュラの素)を特殊薬品で攻撃したが、キノコの毒素と混ざった薬品が強力な毒液として変化、これを逆用され失敗に終わる。
ベル作戦
失明したタロウにカタン星人の位置を知らせるため、星人の首にベルをつけた。これでタロウに星人の位置を看破させ、撃破に貢献した。
白酒作戦
お酒が大好きなベロンを酔い潰すために、スカイホエール内で合成した白酒を呑ませたが、飲みすぎてしまい、逆に泥酔して暴れだしてしまった。

キャスト

レギュラー・セミレギュラー

主なゲスト出演者

  • 白鳥潔:中村竹弥(第1話)
  • ボクシングジム会長:寺内大吉(第2・3話)
  • 佐久間:桂小かん(第4話)
  • 白井:片岡五郎(第4話)
  • 黒崎:草薙幸二郎(第4・5話)
  • 八田:竹田将二(第4・5話)
  • スミス長官:ピエロ・カラメロ(第5話)
  • 鮫島参謀:大下哲矢(第5話)
  • 次郎:矢崎知紀(第8話)
  • 田中巡査:大泉滉(第8話)
  • 次郎の父:外山高士(第8話)
  • 熊谷さん:熊谷健(第8話)※カメオ出演
  • 平田俊夫:紺野秀樹(第9話)
  • 平田秀一:石井宏明(第9話)
  • アケボノビルのオーナー:富田仲次郎(第9話)
  • 建設会社責任者:西川敬三郎(第9話)
  • 岩坪かなえ:下野照美(第11話)
  • かなえの養母:万里昌代(第11話)
  • 林田タケシ:野島千照(第12話)
  • タケシの父:平松慎吾(第12話)
  • 中山:小高まさる(第12話)
  • 開発社長:立原博(第12話)
  • 南原たか:磯村千花子(第13・51話)
  • 島田老人:浜村純(第14話)
  • 現場主任:大前均(第14話)
  • 良助:斎藤健夫(第14話)
  • 紅カオル:本郷淳子(第15話)
  • カオルの母:西恵子(第15話)
  • カオルの祖父:浅野進治郎(第15話)
  • 亜理人:山田浩之(第16話)
  • 亜理人の両親:守田比呂也、大原穣子(第16話)
  • 音楽教師:桂木美加(第16話)
  • 小林タケシ:西脇政敏(第17 - 19話)
  • 小林彰:二瓶秀雄(第17 - 19話)
  • タケシの母:金井由美(第17 - 19話)
  • 団地の住民:江藤直行[18](第19話)※カメオ出演
  • お杉:磯村みどり(第20話)
  • お杉の夫:岡村春彦(第20話)
  • 正一:石井秀人(第21話)
  • 正一の母:楠トシエ(第21話)
  • 藤波隆夫:佐久間亮(第22話)
  • 藤波優子:中田喜子(第22話)
  • 三島六郎:梅津昭典(第23話)
  • 三島馨:富田浩太郎(第23話)
  • 三島好子:瞳麗子(第23話)
  • 岩森善晴:石堂淑朗(第24話)
  • 岩森ヨウコ:青木和子(第24話)
  • 岩森一郎:斎藤則幸(第24・25話)
  • 岩森初子:田島幸恵(第24・25話)
  • 岩森次郎:柴山二三雄(第24・25話)
  • 岩森三郎:山野辺修(第24・25話)
  • 岩森四郎:佐野伸寿(第24・25話)
  • 岩森末子:宮原由美(第24・25話)
  • 灯台職員:里木佐甫良(第25話)
  • ZAT中央病院医師:山本廉(第25話)
  • 笠井竹雄:高橋仁(第26話)
  • 笠井仙吉:江戸家猫八(第26話)
  • 史男:吉村影史(第27話)
  • 史男の母:根岸明美(第27話)
  • 医師:長沢大(第27話)
  • 安田商店店主:肥土尚弘(第27話)
  • 三兄弟:大山正明(猿飛佐助)、紺野秀樹(ターザン)、西郷英利(孫悟空)(第28話)
  • 三兄弟の祖父:今村源兵(第28話)
  • 海野八郎:大和田獏(第29・30話)
  • 佐野トオル:宮田真(第29・30話)
  • トオルの母:蓮川久美(第29・30話)
  • 武田大介:佐藤宏之(第31話)
  • 大介の両親:山本廉、上月左知子(第31話)
  • 教師:川上大輔(第31話)※32話に誤クレジット
  • 不良中学生:岩崎洋也、清水昭博、二瓶秀哉(第31話)
  • ドンちゃん:大山正明(第32話)
  • 教師:新海丈夫(第32話)※第31話に誤クレジット
  • 大谷栄一:西脇政敏(第33・34話)
  • 大谷博士:竜崎勝(第33・34話)
  • ハヤタ / ウルトラマン(声):黒部進(第33・34話)
  • モロボシ・ダン / ウルトラセブン(声):森次晃嗣(第33・34話)
  • 郷秀樹 / 帰ってきたウルトラマン(声):団次郎(第33・34・52話)
  • 北斗星司 / ウルトラマンA(声):高峰圭二(第33・34話)
  • 青木まち子:浅野由香(第35話)
  • 清彦:矢崎知紀(第36話)※知記とクレジット
  • 陽子:久保田民栄(第36話)
  • 岩坪:平泉征(第36話)
  • 建設作業員:菊池英一遠矢孝信(第36話)
  • 警官:石山克巳(第36話)
  • めぐみ:山田圭子(第37話)
  • めぐみの祖父:池田生二(第37話)
  • ひとみ:天野美保子(第38話)
  • ひとみの両親:小松英三郎川口節子(第38話)
  • ミラクルおじさん / ミラクル星人(声):長沢大(第38話)
  • 南夕子:星光子(第39話)
  • はこべ園の園長:寄山弘(第39話)
  • タケシ:山田光治(第40話)
  • 正博:高橋仁(第41話)
  • 正博の母:北川恭子(第41話)
  • 金持ちのオバサン:五月晴子(第41話)
  • 島田タツオ:松坂雅治(第42話)
  • アンドロイド聖子:川口真有美(第42話)
  • 島田信吾:三島耕(第42話)
  • 島田トモユキ:長谷川秀人(第42話)
  • 武志:矢崎知紀(第43話)
  • 武志の父:大木正司(第43話)
  • きさらぎ星人 / オニバンバ(声):笠井ひろ(第44話)
  • 一郎:小松陽太郎(第44話)
  • 二郎:新井つねひろ(第44話)
  • 一郎と二郎の母:新井麗子(第44話)
  • 山川真理 / メモール:夏川圭(第45話)
  • マンションの大家:大泉滉(第46話)
  • 太一:大山正明(第46話)
  • 太一の母:瞳麗子(第46話)
  • 沢口竜一:山下克弘(第47話)
  • 太郎:古堀宏(第48話)
  • 坂本団長(カーン星人):草野大悟(第49話)
  • 服部ユキ:坂口良子(第50話)
  • 真一郎:浜村純(第50話)
  • モッちゃん:新敷浄(第50話)
  • 老人ホーム責任者:牧田正嗣(第50話)
  • 老人ホームの婆さん:小峰千代子(第50話)
  • 珠子:今井美佐子(第51話)
  • 住職:石川隆昭(第51話)
  • 中西一郎:松葉寛祐(第53話)

声の出演

※全てノンクレジット

  • ライブキング:阪脩(第2・3話)
  • メフィラス星人:西川幾雄(第27話)
  • 改造巨大ヤプール:高田裕史[19](第29・30話)
  • テンペラー星人:丸山詠二(第33・34話)
  • ゾフィー:鹿島信哉(第33・34話)
  • カタン星人:西川幾雄(第35話)
  • メドウーサ星人:西川幾雄(第37話)
  • テロリスト星人:鹿島信哉(第38話)
  • モチロン:渡部猛(第39話)
  • ウルトラの父:鹿島信哉(第39話)
  • ピッコロ:京田尚子(第46話)
  • ベロン:渡部猛(第48話)
  • オルフィ:桑原たけし[19](第49話)
  • 荒垣修平:沢りつお(第49・50話)
  • ドロボン:渡部猛(第52話)
  • バルキー星人:鹿島信哉(第53話)

スーツアクター

  • ウルトラマンタロウ:長沢寛
  • 怪獣・宇宙人:河合徹、葵玉五郎(第7話)、山村哲夫[19](第17・18話)、大瀬松一[19](第22話)、吉村景文(第46話)[19]ほか
  • ウルトラの母(第3話):安富誠[19] [注 52]
  • ゾフィー(第18話):西条満{{#invoke:Footnotes|sfn}}

スタッフ

  • プロデューサー:熊谷健、橋本洋二 (TBS)
  • 脚本:田口成光阿井文瓶上原正三佐々木守石堂淑朗、斉藤正夫、大原清秀(木戸愛楽、大原清名義でも執筆)、村山庄三(第21話原案)、深田太郎[注 53](第9話原案)
  • 監督(本編):真船禎、深沢清澄、高橋勝、筧正典、前田勲、山本正孝、吉野安雄、岡村精、山際永三
  • 監督(特殊技術):高野宏一佐川和夫、鈴木清、矢島信男東條昭平大木淳、山本正孝、川北紘一、山際永三、大平隆、小林正夫、高橋勝
  • 音楽:日暮雅信
  • 演奏:サロン・アンサンブル
  • 撮影(本編):森喜弘、井上光雄、中町武、中堀正夫、和栗惣治、小林茂、佐藤敏彦
  • 撮影(特撮):大岡新一、佐藤貞夫
  • 照明(本編):佐山五郎
  • 照明(特撮):近藤勝、松丸善明、鎌田靖男
  • 美術(本編):鈴木儀雄
  • 美術(特撮):青木利郎、桜井克彦、島崎尭司、小川富美夫
  • 編集:小林熙昌
  • 視覚効果:中野稔
  • 助監督(本編):前田勲、米山紳
  • 助監督(特撮):宮坂清彦、鈴木義昭、西田耕一、小宮高広、中田新一、白川俊夫
  • 製作担当:内田貴夫、片桐崇維
  • 録音・効果:東京映画映像部(現:東宝サウンドスタジオ)
  • 効果:協立音響 ※第12話のみ
  • 現像:東京現像所
  • 制作協力:日本現代企画(第4・5話のみ)、東宝映像株式会社(第6・7話のみ)
  • 造形:開米プロダクション、エキスプロダクション
  • 挿画:内山まもる ※第25話
  • 製作:円谷プロダクション、TBS

放映リスト

話数 サブタイトル 登場怪獣・宇宙人・ゲストウルトラマン 脚本 監督 特殊技術 放送日 視聴率
1 ウルトラの母は太陽のように チグリスフラワー
オイルドリンカー
アストロモンス ウルトラ5兄弟
ウルトラの母
田口成光 山際永三 佐川和夫 1973年
4月6日
21.7%
2 その時 ウルトラの母は コスモリキッド ライブキング 山本正孝 4月13日 -
3 ウルトラの母はいつまでも[注 55] ウルトラの母 4月20日 -
4 大海亀怪獣 東京を襲う! キングトータス
クイントータス
上原正三 吉野安雄 鈴木清 4月27日 -
5 親星子星一番星 ミニトータス ウルトラセブン 5月4日 -
6 宝石は怪獣の餌だ![注 56] ジレンマ 田口成光 筧正典 川北紘一 5月11日 -
7 天国と地獄 島が動いた! ガンザ タガール 石堂淑朗 5月18日 -
8 人喰い沼の人魂 トンダイル 田口成光 岡村精 山本正孝 5月25日 -
9 東京の崩れる日 アリンドウ 石堂淑朗 6月1日 -
10 牙の十字架は怪獣の墓場だ! デッパラス 木戸愛楽 山際永三 大平隆 6月8日 -
11 血を吸う花は少女の精 バサラ 6月15日 -
12 怪獣ひとり旅 ボルケラー 田口成光 深沢清澄 山本正孝 6月22日 -
13 怪獣の虫歯が痛い! シェルター 6月29日 -
14 タロウの首がすっ飛んだ! エンマーゴ 石堂淑朗 山際永三 (ノンクレジット) 7月6日 -
15 青い狐火の少女 ミエゴン 斉藤正夫 筧正典 大平隆 7月13日 -
16 怪獣の笛がなる オカリヤン 田口成光 7月20日 -
17 2大怪獣タロウに迫る! バードン ケムジラ 深沢清澄 小林正夫 7月27日 -
18 ゾフィが死んだ! タロウも死んだ! ゾフィー 8月3日 -
19 ウルトラの母 愛の奇跡! ウルトラの母 8月10日 -
20 びっくり! 怪獣が降ってきた フライングライドロン(母子) 石堂淑朗 山本正孝 山際永三 8月17日 -
21 東京ニュータウン沈没 キングゼミラ 田口成光 8月24日 -
22 子連れ怪獣の怒り! パンドラ チンペ 大原清秀 筧正典 大平隆 8月31日 -
23 やさしい怪獣お父さん! ロードラ 石堂淑朗 9月7日 -
24 これがウルトラの国だ! ムルロア
スペースモス
ラビドッグ ウルトラの母
(ノンクレジット)
田口成光 山際永三 佐川和夫 9月14日 -
25 燃えろ! ウルトラ6兄弟 ウルトラ5兄弟 9月21日 -
26 僕にも怪獣は退治できる! ムカデンダー 阿井文瓶 深沢清澄 小林正夫 9月28日 -
27 出た! メフィラス星人だ! メフィラス星人(二代目) マンダリン草 大原 清 10月5日 -
28 怪獣エレキング 満月に吼える! エレキング(再生) 石堂淑朗 高橋勝 山際永三 10月12日 -
29 ベムスター復活! タロウ絶体絶命! 巨大ヤプール
(改造)
ベムスター
(改造)
田口成光 山本正孝 高野宏一 10月19日 -
30 逆襲! 怪獣軍団 サボテンダー
(改造)
ベロクロン二世
(改造)
10月26日 -
31 あぶない! 嘘つき毒きのこ マシュラ キノコ人間 大原清秀 筧正典 深沢清澄 11月2日 -
32 木枯し怪獣! 風の又三郎 グロン 阿井文瓶 11月9日 -
33 ウルトラの国 大爆発5秒前! テンペラー星人 ウルトラ5兄弟 佐々木守 真船禎 山本正孝 11月16日 -
34 ウルトラ6兄弟最後の日! 11月23日 -
35 必殺! タロウ怒りの一撃! カタン星人 田口成光 深沢清澄 高橋勝 11月30日 -
36 ひきょうもの! 花嫁は泣いた グロスト 阿井文瓶 12月7日 -
37 怪獣よ 故郷へ帰れ! ヘルツ メドウーサ星人 石堂淑朗 筧正典 大木淳 12月14日 -
38 ウルトラのクリスマスツリー ミラクル星人 テロリスト星人 田口成光 12月21日 -
39 ウルトラ父子(おやこ)餅つき大作戦! ウルトラの父 モチロン 南夕子 石堂淑朗 山際永三 山本正孝 12月28日 20.2%
40 ウルトラ兄弟を超えてゆけ! タイラント ウルトラ5兄弟
ウルトラの母
田口成光 1974年
1月4日
-
41 母の願い 真冬の桜吹雪! ゴンゴロス 阿井文瓶 深沢清澄 高橋勝 1月11日 19.3%
42 幻の母は怪獣使い! エレジア アンドロイド聖子 大原清秀 1月18日 19.3%
43 怪獣を塩漬にしろ! モットクレロン 阿井文瓶 真船禎 東條昭平 1月25日 19.9%
44 あっ! タロウが食べられる! きさらぎ星人
きさらぎ星人 オニバンバ
田口成光 2月1日 20.5%
45 日本の童謡から
赤い靴はいてた…
ドルズ星人 メモール 阿井文瓶 筧正典 矢島信男 2月8日 -
46 日本の童謡から
白い兎は悪い奴!
ピッコロ 石堂淑朗 2月15日 -
47 日本の童謡から
怪獣大将
ゲラン ゴルゴザウルスII世 阿井文瓶 山際永三 大木淳 2月22日 -
48 日本の童謡から
怪獣ひなまつり
ベロン ファイル星人 3月1日 -
49 歌え! 怪獣ビッグマッチ オルフィ カーン星人 石堂淑朗 前田勲 矢島信男 3月8日 20.8%
50 怪獣サインはV ガラキング 阿井文瓶 3月15日 -
51 ウルトラの父と花嫁が来た! ウルトラの父 リンドン 阿井文瓶 筧正典 大木淳 3月22日 -
52 ウルトラの命を盗め! ドロボン 帰ってきたウルトラマン 石堂淑朗 3月29日 -
53 さらばタロウよ! ウルトラの母よ! バルキー星人 サメクジラ ウルトラの母
(人間体)
田口成光 4月5日 18.0%
  • 平均視聴率: 17.0%
  • 最高視聴率: 21.7%
  • 最低視聴率: ?.?%

[6]

未映像化作品

「怪獣無残! 果報は寝て待て」
石堂淑朗脚本。レプリカ台本が、2005年5月27日に発売されたDVDの1 - 5巻のメモリアルセットに封入されていた。同じく石堂脚本の第23話「やさしい怪獣お父さん!」と類似する部分がいくつか見られる。

音楽

東京レコード(AMONレーベル、ディスコメイトの前身・販売元はビクター音楽産業)からEPが発売。初版約30万枚という当時としては高い売り上げを残した。

主題歌

「ウルトラマンタロウ」
「武村太郎」は福沢良一の変名。シンセアレンジは日暮雅信がノンクレジットで行っている[21]
劇中では1番が歌入り、2番がインストゥルメンタルという形に編集されたものが多用された。
CBSソニーからは子門真人高橋元太郎コロムビアからは三鷹淳東芝レコードからは沢木順のカヴァー・ヴァージョンがそれぞれ発売された。
『A』まで主題歌を作詞してきた東京一こと円谷一の死去に伴い、その後任として阿久悠が登用された。阿久によると、当時7歳の長男が奇しくも名前が「太郎」ということもあり、父親として尊敬されるため作詞をしたという[22]

挿入歌

番組オリジナル

「ウルトラ六兄弟」(第18・25・34話)
  • 作詞:阿久悠 / 作曲・編曲:川口真 / 歌:武村太郎、少年少女合唱団みずうみ
第3話・第10話ではインストゥルメンタル版のみ、第18・25話ではインストゥルメンタル版と併用して使用された。
ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』でアレンジバージョンが使用された。
後にProject DMMのカヴァー・バージョンが発表された。
「ウルトラの母のバラード」(第38・53話)
キングレコードからは、ペギー葉山によるカヴァー・ヴァージョンが発売された。

その他

他媒体展開

他テレビシリーズ

ウルトラマンメビウス
本作からウルトラマンタロウが登場。
ウルトラマンギンガ
本作からウルトラマンタロウがレギュラーとして登場。

映画

東宝チャンピオンまつり』にてテレビ版を劇場用にブローアップした作品が3シーズンにわたって公開された。

『ウルトラマンタロウ』
1973年8月1日公開。第1話の劇場版
『ウルトラマンタロウ 燃えろ! ウルトラ6兄弟』
1973年12月20日公開。第25話の劇場版
『ウルトラマンタロウ 血を吸う花は少女の精』
1974年3月21日公開。第11話の劇場版
ウルトラマン物語
1984年7月14日公開。本編終了の11年後公開された映画で、新撮シーンを含めたタロウの成長を描いている。
新世紀ウルトラマン伝説
本作からウルトラマンタロウが登場。
新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE
本作からウルトラマンタロウが登場。
ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟
本作からウルトラマンタロウが登場。
大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE
本作からウルトラマンタロウが登場。
ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国
本作からウルトラマンタロウが登場。

雑誌

小学館が権利を持っており、学年誌や『週刊少年サンデー』に掲載された。高学年向けの学年誌には特撮の解説が掲載された。

  • 放映終了後、朝日ソノラマ社の『別冊マンガ少年・素晴らしき特撮映像の世界』(1979年刊)に、実相寺昭雄監督による未映像化脚本「怪獣無常! 昇る朝日に跪く」を元にした漫画(作画:いたはししゅうほうとアルゴノウツ)が掲載されている。

漫画連載

  • 週刊少年サンデー
    • 石川賢ダイナミックプロ
      石川賢が得意とするバイオレンス色の強い伝奇SF的な作風となっており、タロウのデザイン、ウルトラの母が東光太郎(姓の読みが「あずま」)にウルトラの命を授けたことでタロウが誕生したことはTV版と同じ。しかし、それら以外はTV版とはほぼ別物の内容となっている。反面、映像化された本編と別物とはいえ、「ウルトラマンが地球を守る理由」などにも触れており、後年の平成ウルトラマンシリーズにも通じる部分が存在する。連載は番組終了以前に終了し、連載終了後は本作のエピソード紹介と撮影日誌が掲載された。2012年現在、「ebookjapan」にて電子書籍として販売されている。
  • めばえ
    • 谷口健男
  • よいこ
  • 小学一年生
  • 小学二年生
    • 内山まもる
      一部エピソードが『ザ・ウルトラマン』の単行本に収録され、2005年にコンビニコミックとして全話を収録した完全版が刊行された。
  • 小学三年生
  • 小学四年生
  • 小学五年生
    • 内山まもる
      全12話のうち、3話のみが『ザ・ウルトラマン』の単行本に収録された。それ以外のエピソードは単行本未収録。
      地球侵略のために暗躍するインベーダーの存在を知ったために追われ、放浪の旅を余儀なくされたタケル少年が主人公。インベーダーはタケルの抹殺を目論み、様々な罠を仕掛ける一方、侵略のために怪獣を操って人々を恐怖に陥れていく。光太郎=タロウとタケルはテレパシーで結ばれており、タケルが危機に陥ると登場してインベーダーや怪獣と戦う。また、光太郎はタケルのことを弟のように思っているという描写もあり、タケルが白鳥健一のような役割を果たしている。インベーダーが人間に化けて社会に潜伏していたり(なかには刑事になっているものもおり、これによりタケルが窮地に陥るという展開も)、タケルを追うインベーダーによって何の関係もない人々が巻き添えを喰らって負傷するなど、SF色の強いハードな物語となっている。
  • 小学六年生
    • 森藤よしひろ
  • 小学館ブック

CM

  • 1982年には 永谷園すし太郎』のCMとして北島三郎と一緒にウルトラマンタロウがちらし寿司をつくるバージョンが制作、放送された。本作放送終了後8年後に、第2期ウルトラシリーズのキャラクターが登場したCMが放送されたのは珍しい例で、ウルトラマンタロウの知名度が伺えるCMである。

パチンコ

  • 『CRぱちんこウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟』京楽産業.:2012年6月発売
  • 『CRぱちんこウルトラマンタロウ 暗黒の逆襲』京楽産業.:2013年4月発売

映像ソフト化

  • デジタルウルトラシリーズ第8弾として、DVD2005年5月27日に1 - 5巻、6月24日に6 - 10巻、7月29日に11 - 13巻と、それぞれメモリアルセットとして発売。1巻のみ5話収録で、2巻以降は4話収録。1 - 5巻には放送当時の学年誌でのウルトラファミリーの記事、登場人物やメカニックなどのブロマイド、未映像化作品「怪獣無残!果報は寝て待て」のレプリカ台本、6 - 10巻には二子玉川園で開催されたショーなどの様子を写した冊子「青空の下で見たヒーローたち」、11 - 13巻にはキャスト・スタッフへのインタビューやスチールが掲載された冊子「拝啓ウルトラマンタロウ」、11巻には篠田や『ウルトラマン』の黒部進をはじめとする主演俳優のサイン入りブロマイドが封入されていた。
  • 2013年6月21日バンダイビジュアルからCOMPLETE DVD-BOXが発売された。作品解説書と企画書レプリカ冊子、ブロマイド封入。特典映像は『ウルトラマンタロウのすべて』(ファミリー劇場2007年4月放送)、2013年4月28日に行われたペギー葉山と福沢良一のトークショー、原口智生へのインタビュー映像。

その他

  • 篠田三郎は本作に出演する以前、前作『ウルトラマンA』第20話で船乗りを目指す篠田一郎青年役でゲスト出演している。『A』終了後もウルトラシリーズが制作された場合、主役を篠田にやってもらうと考えた橋本洋二が、篠田に撮影現場の雰囲気を知ってもらうためだった。
  • また、本作への出演が決定した篠田が『A』の撮影現場を見学した時、北斗星司役の高峰圭二が白いマフラーを巻いているのを見て自分も使いたくなり、高峰に許可をもらって本作の撮影でもマフラーを使うことになった。
  • 東光太郎役のオーディションを受けた役者の中に、松平健がいた。
  • 南原隊員を演じた木村豊幸は芸能界を引退しており、長らく特撮誌などのインタビューを受けることはなかったが、『ウルトラ情報局2008年2月号でゲスト出演した。
  • 本作でメインライターを務めた田口成光は、本作の放送当時に生まれた息子に「光太郎」と名づけようとしていた。しかし、親戚の子に偶然同じ名が付いてしまったために断念したが、その代わり、孫には「光太郎」と名付けている(『ウルトラ情報局』2007年5月号でのインタビューより)。名前の由来は東光太郎からである。
  • 第18話のオンエアの次の日の1973年8月4日、ロケバスが茄子(もしくはコンニャク)の畑に転落する事故が発生し、篠田を含むキャスト・スタッフ8名全員が怪我をした。
  • 篠田は『鬼平犯科帳』で尾美としのりと共演した際、『タロウ』撮影時に尾美が監督に怒られてロケバスでしょんぼりしていたところを篠田に慰めてもらったことを聞いた。しかし、篠田は尾美が出演していたことを覚えておらず{{#invoke:Footnotes|sfn}}、本作で尾美がクレジットされた回はない。本作の終了直後に放送された、篠田主演の『若い!先生』(1974年)の第12話にゲスト出演した時の出来事と間違えている可能性もある(ちなみに当時の尾美は尾美利徳名義)。
  • 関西のABCラジオで、1973年6月から1989年3月に放送された浪速のモーツァルトことキダ・タローがメインパーソナリティーを務めた『フレッシュ9時半!キダ・タローです』の番組ジングルに「タロウ、タロウ、タロウ”フレッシュ9時半! キダ”タロウ」と、テーマソングの一部に”フレッシュ9時半! キダ”をかぶせる形で使われていた。
  • 金子修介監督が映画『みんなあげちゃう』にウルトラの母を出演させた際、出演時間に対して秒いくらという形でギャラを算定して出演料を円谷プロに支払ったという。
  • ウルトラマン80』で星涼子(ユリアン)を演じた萩原さよ子は、本作をリアルタイムで見ていた[23]
  • ウルトラマンコスモス』で主人公・春野ムサシ役の杉浦太陽、映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(2009年12月12日)以降の作品でウルトラマンゼロの声を演じている宮野真守は、幼少時はウルトラマンタロウが好きだったと語っており、杉浦は七夕の短冊に「タロウになりたい」と書いたこともあるという[注 58]
  • 映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』(2008年9月13日)の初期プロット『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟2』は東光太郎=ウルトラマンタロウが主役で、(クライマックスで再び合体するが)1986年にタロウが光の国に帰還する時に光太郎はタロウと分離していた設定だった。
  • SmaSTATION!!』(テレビ朝日)の2009年12月19日放送分で「ウルトラマン 9のヒミツ」と題した特集が組まれた際、「ファンが選ぶ対決ベスト3」に本作でのバルキー星人との戦いが第2位にランクインした。また、この時のゲストだったロンドンブーツ1号2号田村亮も、タロウが好きだったと語っていた[注 59]
  • 『決定! これが日本のベスト100』(テレビ朝日系列)の2002年9月8日放送分「あなたが選んだヒーローベスト100」の第21位に、タロウがランクインした。
  • コメットさん』(1978年)の第43話「初恋の人ウルトラマン」にタロウが登場。タロウが地球で人間としての生活を送っているなど、本作の後日碑とも言える内容となっているほか、タロウがコメットの別れた恋人であることが判明している。ラストでタロウは、変身したら地球を去らなければならないとわかっていながら、知り合いの宇宙人の少年を救うために変身し、そのまま地球を去っていった。同話で登場するタロウの人間態を篠田三郎ではなく下塚誠が演じていること、コメットから「タロウさん」と呼ばれていることから、「ウルトラマン画報下巻」(竹書房2002年)で「東光太郎と分離後のタロウ自身の変身体・太郎青年」と解説されている。だが、『コメットさん』は円谷プロ制作ではないため、本作を含めたウルトラシリーズとは無関係であり、それゆえにタロウがコメットの別れた恋人だったのも公式設定ではない。
  • 仮面ライダー電王』(2007年)の「イマジンあにめ3」に、タロウのパロディキャラクター・ウルトラマンタロスが登場。声は『ウルトラマン物語』や『ウルトラマンメビウス』以降の作品でタロウ役を担当した石丸博也が演じている。
  • 漫画『てんとう虫の歌』の劇中で、TVを観ながら主人公の兄弟が『タロウ』の主題歌を合唱するシーンが存在する。画面に映っているタロウは角はあるものの、ウルトラマンエースを思わせる外観であった。
  • 助監督の中に、のちに小説家となる打海文三がいた。

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b サンプルストーリーでは、物語開始の時点でZAT隊員として活躍している。
  2. ^ a b c 書籍[要文献特定詳細情報]によっては「命を失った」と解説されている。
  3. ^ 後年の書籍類では「ウルトラシリーズ第6作目」と解説されているが、スタッフはあくまで「ウルトラマンシリーズ第5作目」として制作[1]
  4. ^ のちに「ジャック」は、『帰ってきたウルトラマン』の主役ウルトラマンの正式名称と設定された。
  5. ^ a b 「日本版アラビアン・ナイトを志向した」という{{#invoke:Footnotes|sfn}}。
  6. ^ もっとも、前年の1972年秋の企画段階において、TBSの橋本洋二プロデューサーから、小学館の『よいこ』編集部の福島征英に次回作のネーミングについて相談があり、福島は知恵を借りようと社内にアイディアを募って聞いて廻ったところ、とある女性アルバイトから「男の子だったらタロウ」というコメントを得て、『ウルトラタロウ』(※「マン」は入らない)が候補の中に挙げられていたという[3]
  7. ^ この「主題歌の特撮場面への挿入」は、次作『ウルトラマンレオ』にも引き継がれる。
  8. ^ この「防衛チームのメカニック紹介」パターンは、次作『ウルトラマンレオ』でも用いられ、以後のウルトラマンシリーズでは前述の「シルエット映像」パターンと同様、OP映像の基本的様式として踏襲されている(『ウルトラマン80』ではウルトラマンシリーズとして初めて採用されたED映像において使用されている)。
  9. ^ スキーで脚を骨折し入院した{{#invoke:Footnotes|sfn}}。
  10. ^ 第52話は次回予告と次番組『ウルトラマンレオ』の開始予告ナレーション、第53話は『レオ』の開始予告ナレーションのみ。
  11. ^ 平成ウルトラマンシリーズを含めると全65話の『ウルトラマンコスモス』に次ぐ。
  12. ^ 光太郎を演じた篠田三郎も、のちのインタビュー[要文献特定詳細情報]において「この作品は子どもが主役である」と語っていた。
  13. ^ これについて、本作で脚本を担当した石堂淑朗はインタビューで「子どもが、怪獣が殺されるのを見て、夜寝られなくなったと聞いたから」と話していた{{#invoke:Footnotes|sfn}}。
  14. ^ こうした傾向は、平成に入ってから『ウルトラマンガイア』や『ウルトラマンコスモス』へと受け継がれた。こうした作風は、『ウルトラマンティガ』の長野博も『長野博withウルトラマンティガ』のロングインタビューで高く評価している。
  15. ^ 前作『ウルトラマンA』の平均視聴率18.6%より低下した事実は否めないが、当時のテレビ業界では人気番組のボーダーラインは視聴率は15%以上であり、その点では十分に人気番組であった。
  16. ^ 本作で本篇監督を務めた深沢清澄は、本作のDVD発売時に行われたインタビューで「シリアスなストーリーはやりたくなかった」と語っている。
  17. ^ ウルトラシリーズの主役ヒーローとしては5人目だが、ゾフィーを加えたウルトラ6兄弟の6人目としての扱い。
  18. ^ 企画時からも光太郎がウルトラマンの力を得る設定だった。
  19. ^ 1話限定ではあるがウルトラマンジャックはウルトラハリケーンを、ウルトラマンAはウルトラギロチンの名前を叫んで使用したことがある。
  20. ^ a b c その際、回想という形で第1話のタロウ誕生の映像が流用されている。
  21. ^ a b そのため、タロウは次作『ウルトラマンレオ』に客演していない。
  22. ^ 書籍[要文献特定詳細情報]によっては「16万トンタンカーを持ち上げる」または「20万トンの物を持ち上げて飛び上がれる」とされている物もある。
  23. ^ まんじゅうの次に大嫌いだという[7]
  24. ^ 企画段階では「ウルトラの心臓を守る」という意味も込め、光太郎の左胸のちょうど心臓の真上の部分に装着することになっていた。だが、光太郎役の篠田三郎が実際に着用したところ、バッジがかなり大きいため、演技の際に立ち振る舞いに不便であるとの指摘があったため、変更された。普段、持ち歩くものではなく隊員服に装着しているため変身は常に隊員服で、私服での変身は1度だけであった(第40話)。
  25. ^ 名前を叫ぶ描写は第10話から。当初は「デヤッ」や「フンッ」などと叫ぶか、無言でバッジを掲げるだけだった。この一連の動きは、篠田三郎の考案によるもの。なお、ヒーロー名を叫んで変身するパターンは、後発のウルトラヒーローに引き継がれている。
  26. ^ 『ウルトラマンメビウス』第29話では、メビウスのメビュームシュートはインペライザーの左肩を破壊するにとどまったが、タロウのストリウム光線はインペライザーの上半身をほぼ完全に破壊した。
  27. ^ 『ウルトラマン白書』では、名称を「ストリウム光線B型」と記載している{{#invoke:Footnotes|sfn}}。
  28. ^ 『ウルトラマン白書』では、名称をウルトラ水流と記載している{{#invoke:Footnotes|sfn}}。
  29. ^ 後者はガス状であることから、ウルトラマンAと同じ「消化フォッグ」と呼称された文献[要文献特定詳細情報]も存在する。
  30. ^ 『ウルトラマン白書』では、名称を透視光線と記載している{{#invoke:Footnotes|sfn}}。
  31. ^ 『ウルトラマン白書』では、名称をウルトラランサーと記載している{{#invoke:Footnotes|sfn}}。
  32. ^ タロウ自身の念力[12]や特殊能力[13]で光の槍に変化させたと解説した資料も存在する。
  33. ^ M78星雲のウルトラ族には、ウルトラマンゾフィーのような銀色を基調としたシルバー族、セブンのように赤色を基調とするレッド族の2パターンがあるとの雑誌での設定があり、タロウはレッド族に属する。
  34. ^ 後年ウルトラホーンと名が付けられ、超戦士の証であるとの設定が加えられた。ウルトラの父から受け継いだものという設定もある。幼少時はこの角は小さく、映画『ウルトラマン物語』で語られたエピソードを経て、現在の大きさになったとされる。
  35. ^ 「タロウはセブンのようなウルトラ念力をまだ習得していないため、アイスラッガーとしては使用できずにいる」と記述された書籍[要文献特定詳細情報]もある。
  36. ^ 当初はゾフィーが登場する予定だった[15]
  37. ^ 劇場版の企画段階では「東光太郎のまま水族館の学芸員としての日々を送っている」という設定で登場する予定だったが、篠田三郎が出演しなかったため、設定変更された。
  38. ^ 台詞はED後のミニコーナー「スパークドールズ劇場」(第1 - 6話まで)ではオチに使われることがしばしばで、タロウ不在でもオチ担当としてネタにされている。第2部(第7 - 10話)では「次もレッツ・ウルトライブだ!」のセリフで締めている。
  39. ^ 劇中の描写では、光太郎がウルトラの命を授かったことでタロウが誕生している。
  40. ^ 前者は第3話でボクシングジムのオーナーから、後者は第10話でさおりからボクシングをやっている理由を尋ねられた際の発言。
  41. ^ 『メビウス』のTVシリーズの前史となる書き下ろしイラストノベル「ザ・ウルトラマンメビウス」によると、メビウスが地球に降り立つ20年前、ヤプールを封印したウルトラ4兄弟に代わり、タロウとして光の国に帰還している。その際、モロボシ・ダン(ウルトラセブン)は地球に留まることを予見しており、ウルトラの母から預かってきたウルトラバッジを光太郎に渡している。
  42. ^ バードンがタロウやゾフィーを倒した後、肉類を主体に襲撃して被害が拡大したことが発端し、この時、隊長の辞任をほのめかす発言もしており、本編中の台詞に明らかにその発言がある。
  43. ^ ただし、のちの作品でも副隊長が常置されたわけではなく、次作『ウルトラマンレオ』には副隊長が置かれていない。『ウルトラマンダイナ』でもコウダ隊員が途中から副隊長に昇格し、『ウルトラマンガイア』の堤チーフのようにチームが大所帯のために名称が異なる例もある(石室コマンダーが隊長に相当)。[独自研究?]
  44. ^ 他の作品でも隊員の婚約者が登場することはあったものの、劇中で明確に結婚のシーンが描かれたのは彼が初めてである。また、演じた木村豊幸も撮影終了後に結婚している。独特のモミアゲは尾崎紀世彦の影響だという。
  45. ^ "zareba"は東アフリカなどで見られる、イバラでできた畜産用の柵のことで、意訳すれば「地球すべての防御壁」といった意味。元は、『帰ってきたウルトラマン』のMAT以降の「防衛隊の名はアルファベット3文字」という慣例に従って単に語感のよさから命名されたもので、正式名や意味は後付け設定である。
  46. ^ Zariba of All Terestrialの略という説もある[要出典]
  47. ^ 劇中では「領土」と呼ばれている。
  48. ^ 『ウルトラマン』の科学特捜隊では、戦闘用のユニフォームは男女同じだったが、通常時のユニフォームは男性隊員が青のブレザーとグレーのズボンに対しフジアキコ隊員がブレザーとスカートを着用していた。
  49. ^ 現実世界におけるこの番地は、警視庁本庁舎と日比谷公園に挟まれた、法務省検察庁東京高等裁判所東京地方裁判所・弁護士会館・公正取引委員会などの法曹関連の官公庁施設が所在しているエリアである。実際、この設定を意識してか、第33話や第45話で隊員たちの登場するシーンに霞ヶ関永田町の官公庁・国会エリアがロケ地として使われていることが確認できる。
  50. ^ ZAT基地を商品化し、年末年始商戦で大きな利益を得たタカトクトイス(当時はタカトク)は、次作『ウルトラマンレオ』ではスポンサーになってMAC基地を商品化したが、あまり売れず、年末年始商戦が終わった頃にMAC基地は劇中で破壊され、タカトクはスポンサーから降りた。
  51. ^ 第18話はクレジットされているが、出演せずゾフィーとしての声、ウルトラの国のデザイン募集の告知のみ。
  52. ^ 男性が演じているため「子供のイメージを壊す」としてクレジットされなかった{{#invoke:Footnotes|sfn}}。
  53. ^ 本作の主題歌を作詞した阿久悠の実子で、現在は作曲家(当時7歳)。
  54. ^ バルタン星人の「宇宙忍者」などの別名。
  55. ^ 決定稿では「ウルトラの母は強し!」{{#invoke:Footnotes|sfn}}。
  56. ^ 予告でのサブタイトルは「怪獣は宝石がお好き」となっている。
  57. ^ 「狙いうち」「恋のダイヤル6700」の作詞は阿久悠、「他人の関係」の作曲は川口真であり、主題歌コンビに配慮した選曲である{{#invoke:Footnotes|sfn}}。
  58. ^ 余談であるが、『ウルトラマンコスモス』が放送開始された2001年7月7日は七夕だったため、願いが実現した。
  59. ^ 本放映時、田村は乳児から1歳だったため、リアルタイムではなく再放送で観ていたと思われる。

出典

  1. ^ a b c d e f {{#invoke:Footnotes|harvard_citation_no_bracket}}
  2. ^ 『懐かしのヒーロー ウルトラマン99の謎』(二見書房・1993年)p.32.
  3. ^ 「デジタルウルトラプロジェクト」版 DVD『ウルトラマンタロウ vol.8』添付の解説書p.9
  4. ^ 辰巳出版「心にウルトラマンレオ」より。
  5. ^ ジェネオンエンタテイメントの「ウルトラマンタロウ1973」より。
  6. ^ a b http://www10.atwiki.jp/shichouseiko/pages/112.html 特撮視聴率ウルトラマンタロウ
  7. ^ オリジナルビデオ『ウルトラスーパーファイト』 10.「さすらいのウルトラマンタロウ」より
  8. ^ 小学館 てれびくんデラックス『ウルトラ戦士超技全書』p.56
  9. ^ 1995年発売の『ウルトラマングレート大研究』のビデオより
  10. ^ ウルトラマン画報上巻
  11. ^ モンキー文庫『かがやけウルトラ兄弟! ウルトラマン総集編』より
  12. ^ CD-ROMソフト『ウルトラマン図鑑2』(講談社・1997年)『ウルトラマンタロウ』「基本設定・特殊能力」の「ウルトラランス」解説文p.1.
  13. ^ 『ウルトラマン大辞典』(中経出版・2001年)p.59.
  14. ^ モンキー文庫『かがやけウルトラ兄弟! ウルトラマン総集編』より。
  15. ^ 『メビウス』のDVD封入の作品解説書「MEBIUS FILE」より。
  16. ^ a b c d 2013年6月21日バンダイビジュアルから発売されたCOMPLETE DVD-BOX封入の「番組企画資料BOOK」より。
  17. ^ 宇宙船SPECIAL ’70年代特撮ヒーロー全集』 監修 金田益実、朝日ソノラマ1998年5月30日、181頁。ISBN 4-257-03533-1。
  18. ^ 「ウルトラ怪獣戯画 ウルトラ怪獣激闘史III」(バンダイ2007年)「2大怪獣タロウに迫る!」及び「ゾフィが死んだ! タロウも死んだ!」でのブックレットより本人の解説にて判明。
  19. ^ a b c d e f 『円谷プロ画報 (1)』(竹書房・2013年) p.228 - 229
  20. ^ 東京新聞より。
  21. ^ 『ウルトラマンタロウ ミュージックファイル』(1995年、バップ)の楽曲解説より。
  22. ^ 阿久悠『歌謡曲の時代 歌もよう人もよう』新潮社、2004年、170頁。ISBN 4104708011
  23. ^ 「ウルトラマン OFFICIAL DATA FILE」No.61より。

参考文献

  • 『不滅のヒーローウルトラマン白書』 朝日ソノラマ〈ファンタスティック・コレクション・スペシャル〉、1982年12月31日、初版。雑誌コード:67897-80。
  • 『タロウタロウタロウウルトラマンT(タロウ) : 検証・第2次ウルトラブーム』 辰巳出版〈タツミムック〉、1999年。ISBN 4886414389。
  • 『ウルトラ博物館』 小学館〈学年別学習雑誌で見る昭和子どもクロニクル1〉、2003年。ISBN 4093874824。
  • 『語れ!ウルトラマン 兄弟激闘編』 ベストセラーズ〈ベストムックシリーズ23〉、2013年。ISBN 458420523X。

関連項目

外部リンク

前後番組

TBS 金曜19時台前半
前番組 番組名 次番組
ウルトラマンタロウ

[ ウルトラマンタロウ ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/22 08:12)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲