蒼きウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

蒼きウル』(あおきウル)は

  1. 1992年に制作が開始されるはずだったアニメ映画。『王立宇宙軍 オネアミスの翼』の続編にあたる。監督は庵野秀明または山賀博之が就く予定だった。(何故開始されなかったのかは#概要を参照)
  2. 2013年に制作が発表されたアニメ。現在は映画になるのかどうかなど、細かい情報は殆ど明らかになっていない。

本項では1.の情報を中心に記載する。

概要

社長だった岡田斗司夫がガイナックスを退社して、新体制下で新作アニメが検討されることとなり、同時に『ふしぎの海のナディア』でガイナックスは一般的に認知されたものの、同作の劇場版が不振に終わったため、資金回収のために次の作品を作らなければならなかった。その中で山賀博之が「まず王立にケリをつける必要がある」というテーマの下[1]、原作・脚本:山賀博之、監督:庵野秀明として生まれたのがこの企画である。『王立宇宙軍』の続編としたのは、スポンサーを集めるためでもあり、続編とは言っても50年後という設定ということで、ストーリー上の繋がりもなければ、共通するキャラクターも登場しなかった[2]

しかし、山賀・庵野の構想を完全に実現するには数十億円の予算が必要だった[3]。そんな大金をスポンサーがすんなりと出してくれるはずもなく、ガイナックス側もゲーム事業をやっている程度でほとんど仕事がなく社員を維持するのがせいいっぱいという状態[4]では、自己資金で製作も不可能ということで、結局凍結となった。作業は絵コンテがBパート、原画がAパートに入った段階とのことである[5]

その後、庵野はキングレコード大月俊倫と共に『蒼きウル』の1年前から構想していた『新世紀エヴァンゲリオン』を企画、『蒼きウル』のほとんどのスタッフがそちらにスライドした[6]

1997年に再度、企画が再開されるものの、庵野は興味を失って監督を辞退。代わりに山賀が監督を務める事を前提に話を進めるが[7]、以降、1998年7月10日にCD-ROMによるデータ集「蒼きウル 凍結資料集」が発売されるも公式の製作に関する情報が発表されないまま、十数年の歳月が流れる事となる。

2013年3月20日に開催された「東京国際アニメフェア2013」においてイメージポスターが公開され、製作再開が発表[8][9]。同年9月、2014年にパイロットフィルムを公開する事が発表[10]された。

スタッフ

過去に予定されていたスタッフ

1992年12月の時点
1997年の時点
  • エクゼグティブプロデューサー・原作・脚本・監督:山賀博之
  • プロデューサー:武田康廣・山賀博之
  • キャラクターデザイン:貞本義行
  • メカデザイン:士郎正宗・宮武一貴

関連作品

  • 蒼きウル コンバットフライトシミュレータ プレーン&ミッションモジュール
    Microsoft Flight Simulator用のアドイン

脚注

  1. ^ 『パラノ・エヴァンゲリオン』p90
  2. ^ 『のーてんき通信』p156
  3. ^ 『パラノ・エヴァンゲリオン』p91
  4. ^ 『のーてんき通信』p158
  5. ^ 『パラノ・エヴァンゲリオン』p92
  6. ^ 『スキゾ・エヴァンゲリオン』p148-p150
  7. ^ クイック・ジャパン』Vol.18、太田出版
  8. ^ 蒼きウル : ガイナックスの凍結アニメが20年ぶりに再始動(MANTANWEB2013年3月21日)
  9. ^ [1](アニメ!アニメ!0213年3月21日)
  10. ^ 「蒼きウル」パイロットフィルム制作決定(GAINAX NET2013年9月10日)

参考文献

  • 竹熊健太郎編『庵野秀明 パラノ・エヴァンゲリオン』太田出版、1997年
  • 大泉実成編『庵野秀明 スキゾ・エヴァンエリオン』太田出版、1997年
  • 武田康廣『のーてんき通信 エヴァンゲリオンを創った男たち』ワニブックス、2002年

関連項目

[ 蒼きウル ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/22 07:44)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲