頸椎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意
骨: 頸椎
サムネイルの作成中にエラーが発生しました:サムネイルの指定パラメータが適切でないか、ファイルの画素数が1,250万ピクセル以上です。
ヒト頸椎の位置(赤色で示す)。骨は7つあり、上から順に C1, C2, C3, C4, C5, C6, C7と略記される。
Gray89.png
第七頸椎 図上が前方。皿のような部分に椎間板(ついかんばん)が乗る。左右の小さな穴(横突孔)には椎骨静脈が通り動脈は通らない[1]、中央の大きな穴には脊髄が走る。図下はいわゆる背骨のように見える棘突起。
名称
日本語 頸椎
英語 cervical vertebrae
ラテン語 vertebrae cervicales
関連構造
上位構造 脊椎
画像
アナトモグラフィー 三次元CG
関連情報
MeSH Cervical+Vertebrae
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

頸椎(けいつい、cervical spine)は、椎骨の一部で、頭を支えるための骨である。

ナマケモノなど一部の例外を除き、人間キリンを含むほとんどの哺乳類の頸椎は七つの骨で構成されている。脊椎の中でも最も可動性が高く上下左右など様々な方向へ動かすことができる。 第一頸椎から第七頸椎まで上から順にC1、C2、...、C7と略されることが多い。 第一頸椎(C1)、第二頸椎(C2)は他の五つと比べ特徴的な形態をしており、それぞれ環椎(Atlas)[1]軸椎(Axis)[2]とも呼ばれる。第三頸椎(C3)から第七頸椎(C7)までは似た形をしているが下にある椎体ほど大きく[3]、特に第七頸椎は長く大きな棘突起を持ち[1]、体表から容易に観察したり触れることができるため隆椎とも呼ばれる。 頸椎の中で最も運動が起こりやすいのは第一頸椎と第二頸椎の間であり、これを環軸関節と呼ぶ。

目次

頸椎の神経支配について

神経支配の分類としては頸髄として取り上げられる事が多く、頸椎と呼ばれた時は骨としての呼称が一般的である。

画像

脚注

  1. ^ a b c 森ら, p.32
  2. ^ 森ら, p.32-33
  3. ^ 森ら, p.29

参考文献

  • 原著 森於菟 改訂 森富 「骨学」『分担解剖学1』 金原出版、東京都文京区2000年11月20日、第11版第20刷、19-172頁。ISBN 4-307-90021-0。

関連項目

{{#invoke:Side box|main}}

外部リンク

  • 頸椎 - 慶應医学部解剖学教室 船戸和弥

[ 頸椎 ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/29 12:43)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲