青春18きっぷ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意
青春18きっぷ

青春18きっぷ(せいしゅんじゅうはちきっぷ)は、旅客鉄道会社全線(JR線)の普通列車快速列車が1日乗り放題となる[1]、販売および使用期間限定の特別企画乗車券(トクトクきっぷ)である。本項では青春18きっぷの前身である青春18のびのびきっぷについても述べる。

概要

日本国有鉄道(国鉄)旅客局が、増収策の一環として企画し、1982年3月1日に「青春18のびのびきっぷ」として発売を開始。1983年春季発売分から現名称に改称した。

主に学生などの春季・夏季・冬季休暇期間を利用期間として発売され、原則として新幹線特急急行を除く旅客鉄道会社全線の普通列車・快速列車など、運賃のみで乗車できる列車に乗車することができる。

2014年夏季・冬季の販売価格は5回(人)分で11,850円(消費税率8%に伴う改定[1])。第1回発売時のみ8,000円で、のち10,000円に変更。1986年冬季に11,000円に値上げされた後、消費税の導入と税率引き上げによる値上げが行われて現行価格となっている。主として学生向けの商品として企画されたが、利用者の年齢制限はなく、小児料金の設定もない。

JRホテルグループの予約センターに宿泊を申し込み、当日現地で青春18きっぷを提示すると宿泊料金の割引等が受けられる[2]などの特典が一部に設けられている(関連商品参照)。

「青春18きっぷ」の名称の由来については、当時旅客局長だった須田寛により青少年・学生をイメージした「青春」と、その象徴的な年齢で「末広がりの8」にも通じる「18」を組み合わせた、と後年に須田が説明している。分割民営化後、旅客鉄道各社を代表してJR東日本1994年商標登録(商標登録番号第3007644号)を行った。

利用規定

発売期間・利用期間

利用期間は学生が概ね長期休暇(春休み夏休み冬休み)に入る期間で、その開始約10日前から終了日の10日前まで発売される。

ゴールデンウィークは利用期間に含まれていない。なお、秋は、秋の乗り放題パス(2012年[4]から[5]。2011年までは鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ)が発売されている。

払い戻しは、利用期間内で5回とも未使用の場合に限り取扱箇所で行える(220円の払戻し手数料がかかる[6])。利用期間が終了した後は5回とも未使用でも払い戻しは受けられない。列車の運休・遅延等による場合など、いかなる理由でも一度使用開始した回(日)の取消はできず、払い戻しおよび利用期間の延長もできない。利用期間が終了したきっぷは5回使用していなくても無効となり、次の利用期間にまたがって使用することはできない。

効力

1枚で、利用可能期間中の任意の日に5回(人)まで利用できる。5回(人)分は一度に使用しなくてもよく、1人で使用することも、1日に5人で同時に使用することも可能である。ただし複数人で使用する場合、入場・出場時は集団で行動することが原則となる。

自動改札機は利用できないため、有人改札を利用する。

現行の様式となってからは、1枚の券面に5箇所ある乗車日記入欄への改札印の押印等による日付の記載により使用開始を示す方式を採用しており、各回とも最初に乗車する際に、有人駅の場合は有人改札の駅員に、無人駅においては乗車した列車の車掌(ワンマン運転の場合は、停車中に車掌業務を行う運転士)が乗車印と日付を記入する。

1回分は原則乗車日当日限り有効で、乗車日内(0時から24時までの間)であれば、何度でも乗降や途中下車ができる。日付をまたいで運転する列車については、0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効(0時を跨いで停車している列車はその停車駅まで有効)である。ただし、東京および大阪近郊の電車特定区間大都市近郊区間ではない)では0時を過ぎても、終電まで有効である。

なお、乗車日の24時(翌日0時)以降終電までに、電車特定区間の駅と区間外の駅との間を乗車する場合は、電車特定区間の境界の駅と区間外の降車駅との間で有効な乗車券などが必要となる。このことから、特に夜行列車を利用する旅客にとって(前日夜に乗車してから日付が変わるまでの区間において)青春18きっぷを2回分使用したほうが得か否かは、その列車が0時を過ぎて最初に停車する駅によって左右される。例えば2007年のダイヤ改正において、下り「ムーンライトながら」の日付変更駅は横浜駅から小田原駅へと大きく移動した。

乗車できる列車等


私鉄からの直通列車が運行されるJR線区間(七尾線 七尾 - 和倉温泉間、鹿島線 鹿島神宮 - 鹿島サッカースタジアム間など)や、私鉄所有・運行であるもののJR線の運賃が適用される場合(東京メトロ千代田線 綾瀬 - 北千住間など)があり、こうした例ではJRの運賃が適用される区間であればほぼ利用可能である。ただし私鉄として運行される場合は利用不可能であり、例えば井原鉄道の列車で清音 - 総社間を青春18きっぷで乗車することはできない[10]伯備線の列車で乗車することはJR線なので可能)。

特急列車に乗車できる特例

以下の区間は当該区間内相互発着の場合に限り、青春18きっぷのみで特急列車の普通車自由席を利用できる。

当該区間において特急列車のみの運行のため
普通列車は運行されているが、利用客の利便性向上のため

ただし以下の場合は、特急列車に乗車した全区間の運賃および特急料金が必要となる。

  • 宮崎 - 宮崎空港間を除き、特例区間を超えて利用する場合(乗車列車が特例区間の境界駅を通過するため下車することができない場合を含む)。
  • 特例区間の境界駅あるいは中間駅で特急列車から一旦下車して再度同じ特急列車に乗車し、特例区間を越えた場合。
  • 特例区間内であっても、普通車自由席以外を利用する場合。ただし、宮崎 - 宮崎空港間は、座席指定券により普通車指定席、自由席グリーン券(普通列車用)によりグリーン車自由席を利用できる[11]

(特例区間内で特急列車を下車し、特例区間外にまたがる後続の特急列車に乗車する場合は、後者の特急列車に対する運賃・特急料金のみが必要となる)

例外規定については「特急料金不要の特例区間」も参照。

特例が適用される例

  • 青森 - 蟹田間を普通列車で乗車し、蟹田 - 木古内間を特急「白鳥」または「スーパー白鳥」の普通車自由席に乗車、木古内 - 函館間を普通列車に乗車。
  • 占冠 - トマム間を特急「スーパーとかち」または「スーパーおおぞら」の普通車自由席に乗車。
    特急列車の乗車が特例区間内のみであるため、本きっぷのみで乗車できる。
  • 宮崎空港 - 延岡間を特急「ひゅうが」・「にちりん」の普通車自由席に乗車。
    特急料金は、特例区間外の宮崎 - 延岡間で計算されるため、宮崎空港 - 宮崎間で本きっぷは有効となる。この場合は、宮崎 - 延岡間の乗車券と自由席特急券を購入すれば乗車できる。

特例が適用されない例

  • 青森 - 蟹田を普通列車、蟹田 - 函館を特急「白鳥」・「スーパー白鳥」の普通車自由席に乗車。
  • 蟹田 - 新青森間を特急「白鳥」・「スーパー白鳥」の普通車自由席に乗車。
    蟹田 - 木古内間、青森 - 新青森間を超えての乗車であるため、本きっぷは使用できない。特急列車乗車全区間に対する運賃・特急料金が必要となる。
  • 新夕張 - 新得間を特急「スーパーおおぞら」の普通車指定席またはグリーン車指定席に乗車。
    特例区間内の乗車であっても、普通車自由席以外では使用できない。乗車全区間に対する運賃と普通車指定席またはグリーン車指定席の特急料金が必要となる。

使用できない路線

新幹線は、その各駅に停車するこだま号等を含めて全列車が特急列車であり、特例もないため利用できない。

新幹線車両・設備を用いつつ在来線扱いの博多南線および上越線の支線越後湯沢 - ガーラ湯沢間は、すべて特急列車のみの運行であるが、特例区間ではなく青春18きっぷは利用することができない。

発売開始以来、JR線以外の会社線(私鉄・公営鉄道・第三セクター等の路線)では原則として使用することができず、JR線と会社線を直通運転する列車を利用する場合、会社線内の乗車区間についてはその区間に有効な乗車券類が別に必要となる。整備新幹線の開業により第三セクターへ転換された路線であっても原則使用できないが、青い森鉄道の八戸 - 野辺地 - 青森の相互間および通過する場合に限り青春18きっぷが利用可能である(後述)。典型的な例では、土浦駅 - 池袋間の利用する際、ショートカットのために途中綾瀬 - 西日暮里間を千代田線経由で利用する場合は別途東京メトロの170円の運賃が必要となる。

JRの関連会社が運営する各線(JR東日本関連の東京モノレールJR東海関連の東海交通事業・JR西日本関連の嵯峨野観光鉄道JR九州関連のJR九州高速船)および、JRバス各社なども利用できない。

なお智頭急行三陸鉄道および肥薩おれんじ鉄道では、有効な青春18きっぷを提示することを条件として発売する企画乗車券が設定されている(後述)。

青い森鉄道普通列車に乗車できる特例

2010年12月4日に、東北本線の青森 - 八戸間がJR東日本から青い森鉄道に経営分離されたことで、大湊線が他のJRの路線と接続の無い飛び地路線となり、八戸線も在来線との接続がなくなり新幹線のみの接続となったが、2010年冬季から青い森鉄道線青森 - 八戸間、青森 - 野辺地間、および八戸 - 野辺地間は、普通・快速列車に乗車して通過利用する場合に限り、別途乗車券は不要という特例が追加された。ただし、八戸・野辺地・青森以外の駅で乗降する場合は「青春18きっぷ」は使用できず、乗車した全区間の青い森鉄道の運賃が必要となる[12]。なお、当該区間を運行中に日付が変わる八戸方面への列車については、同駅までそのまま乗車可能である[要出典]

特例が適用される例

  • 青森から大湊まで快速「しもきた」に乗車。
  • 青森から野辺地まで普通列車に乗車。野辺地で途中下車し、野辺地から八戸まで普通列車に乗車。
  • 野辺地から八戸まで普通列車に乗車、そのまま八戸駅で久慈行き普通列車に乗り換え。
    青森駅、野辺地駅、八戸駅での下車・乗換のため特例を満たし、本きっぷで乗車できる。以上は逆経路でも適用される。

特例が適用されない例

  • 青森から浅虫温泉まで乗車し、同駅で下車。浅虫温泉から八戸まで乗車。
    青森駅、野辺地駅、八戸駅以外での乗降のため、本きっぷは使用できない。青森 - 浅虫温泉間および浅虫温泉 - 八戸間の青い森鉄道の運賃が必要となる。
  • 青森から三戸まで普通列車に乗車。
    青森駅、野辺地駅、八戸駅以外での乗降のため、本きっぷは使用できない。青森 - 三戸間(乗車全区間)の青い森鉄道の運賃が必要となる。

歴史

「青春18のびのびきっぷ」時代の表紙
「青春18のびのびきっぷ」時代の表紙
2日間有効の券片
2日間有効の券片
国鉄時代の券面
国鉄時代の券面
5券片時代の券面(1987年夏季、JR東日本発行)
5券片時代の券面(1987年夏季、JR東日本発行)
5券片時代の表紙
5券片時代の表紙
マルス端末(L型端末)から発行された券(1991年夏季、JR東海発行。上は表紙
マルス端末(L型端末)から発行された券(1991年夏季、JR東海発行。上は表紙
JR発足20周年を記念し8,000円で発売された2007年春季の青春18きっぷ
JR発足20周年を記念し8,000円で発売された2007年春季の青春18きっぷ
5券片時代の青春18きっぷの1券片(1995年、日本旅行発行)
5券片時代の青春18きっぷの1券片(1995年、日本旅行発行)

前述の通り、青春18きっぷは国鉄の増収策の一環として企画された。当時、国鉄内部では利用者層を青少年(学生)・中年社会人主婦)・老年と分けた場合、中年男性は出張などで長距離の利用が多いものの、それ以外の年齢層では比較的短距離の利用が多いと分析していた。そこで、それらの層にも長距離の利用を勧めるためのトクトクきっぷを発売することとなった。当時国鉄には、長距離区間を運転する普通列車が数多く存在していたほか、老年向けには「フルムーン夫婦グリーンパス」を発売していた。(中年女性向けには1983年から「ナイスミディパス」を発売)

これらの成功を受けて、1982年から青春18きっぷの前身にあたる青春18のびのびきっぷの発売が開始された。「青春18」とある通り、青少年(学生)を主な発売対象としたきっぷであったが、当時から年齢制限などはなかった。発売当初は1日券3枚と2日券1枚(共に青い地紋)のセットで、価格は8,000円であった。また青少年の利用を意識して、バッグなどに貼付できるシール状の「青春18ワッペン」が附属していた。利用期間は3月1日から5月31日までで、ゴールデンウィークを含む(ただし、1982年当時5月4日は国民の休日みどりの日のいずれでもないため飛び石連休)。

夏季用は1日券4枚と2日券1枚のセットで10,000円となった。利用期間は7月20日から9月20日まで。 冬季の設定なし。

1983年春季、青春18のびのびきっぷ青春18きっぷに改称された。利用期間は2月20日から4月10日までとなった。 1984年夏季用から1日券5枚となった。使用できる期間が1日短くなったが、価格は10,000円のままであった。また、1984年から冬季用が発売された。冬季の利用期間は12月10日から翌年1月20日まで(2009年冬季用まで続く)。 1985年夏季用の利用期間は7月20日から9月10日までとなった(2014年夏季用継続中)。 1986年冬季に価格が11,000円に改定され、1989年夏季より消費税が導入されたことを受けて11,300円に改定された。1990年からマルス端末による発券が可能となった。 1993年春季用の利用期間は3月1日から4月10日までとなった(2014年春季用継続中)。

1996年春季より、現行のように、5回(人)分を1枚の券片にまとめた様式となった。これは、金券ショップなどで1枚ずつバラ売りされるのを防ぐためとも言われているが、複数人数で同時に使用する場合、前述の様に、集合・解散が煩雑になり、全員が同じ行程で移動しなければならなくなったため、使い勝手が悪くなった。

JRの旅客営業規則において、旅行開始後の乗車券を他人から譲り受けて使用すると乗車券は無効(不正乗車)になることが定められているが、青春18きっぷについては、5枚つづりであったことに鑑み、5枚のきっぷをJRの都合によって1枚にまとめただけで各回の効力は独立しており、1回目のみを使用しても2回目以降は旅行開始前であると、一部書籍では説明されている[13]。しかし、1回目の旅行開始できっぷ全体について旅行開始後となり、1回目の使用者とは別の人が譲り受けて2回目以降を使用するのは不正乗車とする意見もある[14]。「複数人数の場合は同一行程」の条件の解釈に差異があると言えるが、1枚になった理由についてJRから公式の発表はない。

1997年夏季から消費税の税率変更に伴い、価格が11,500円に改定された。

2004年冬季から、普通・快速列車のグリーン車自由席に限り、グリーン券を別に購入することで利用できるようになった。同年10月のダイヤ改正に伴って実施されたJR東日本におけるグリーン車の制度変更によるものである。

2007年にはJR各社が発足20周年を迎えたのを記念し、春季のみJR発足20周年・青春18きっぷが発売開始時の価格と同じ8,000円(乗車できる列車・回数などは通常のものと同じ)で発売された。

当切符の発売・利用期間は1993年から2009年まで固定されていたが、2010年冬季から発売期間が12月1日 - 31日、利用期間が12月10日 - 翌年1月10日と10日間短縮され、また東北本線八戸 - 青森間の青い森鉄道への移管を受けて、青い森鉄道に乗車する際の特例が設けられた。

2014年夏季から消費税の税率変更に伴い、価格が現行の11,850円に改定された。

夜間の長距離移動

青春18きっぷは1日単位(24時間)で有効の形式を取っているため、夜間の長距離移動については、当きっぷ発売以前から運行されていた普通夜行列車に加え、1980年代後半以降に広範囲で「ムーンライト」など、当きっぷでも利用可能な夜行列車が運行され、より遠距離への移動需要を満たす役割を担ってきた。しかし、1990年代までに旧来の普通夜行列車は多くが廃止され、2000年代後半以降は「ムーンライト」についても次第に廃止される列車が増え、2009年春のダイヤ改正で、それまで定期運行されていた「ムーンライトえちご」、「ムーンライトながら」が当きっぷ有効期間に合わせて運行される形となり、元々臨時列車であった「ムーンライト信州」とともに、青春18きっぷを利用できる夜行列車で移動できる地域は限定される傾向となっている[15]

発売枚数

2000年代における販売枚数はJR東日本によると、前半から中盤は毎年25万枚から30万枚で、2007年は35万枚以上の販売実績があった[16]。朝日新聞コラムの引用によると、JR全体では2013年度67万枚となっている[17]

赤い地紋の青春18きっぷ(常備券)

JR北海道の常備券(2010年夏季)

JR西日本JR四国の一部駅の窓口では、赤い地紋の用紙に印刷された常備券での販売が継続されており、鉄道ファンの間でナマ券赤券と呼ばれる。常備券とマルス端末発行の券で効力は同等であるが、貴重あるいは風情があるとしてファンの間で人気があり、遠方から常備券を扱う駅まで購入しに行く者もいる。

本券はみどりの窓口が設置されていない駅で発売される事例が多いが例外もある。

JR北海道では2012年春季まで発売していた(一部駅では通信販売を含む)ほか、JR九州では販売委託先で2009年冬季まで発売していた。JR西日本・JR四国の駅においても発売駅の縮小が進んでいる。

発売箇所

JR各社のみどりの窓口や一部のきっぷうりば、旅行代理店などで発売されている。

JR東日本の指定席券売機、JR西日本のみどりの券売機(一部の設置駅を除く)・みどりの券売機プラスでも発売されている。

関連商品

青春18きっぷ利用者向けの企画乗車券

青春18きっぷ発売時期にあわせて、以下の事業者では企画乗車券として全線の乗降が自由となる商品を発売している。

  • 智頭線満喫 普通列車一日乗り放題きっぷ智頭急行[18]- 大人1,000円、小児500円(消費税5%時)。青春18きっぷの使用期間内に発売している。
  • 三鉄1日とく割フリーパス三陸鉄道) - 青春18きっぷまたは北海道&東日本パスを呈示すると、片道運賃の半額程度で指定区間の乗降が自由となる企画乗車券を、北リアス線用・南リアス線用としてそれぞれ発売している。なお、2011年春季途中からは東日本大震災による津波被害により多くの区間で不通(連絡するJR線も同様)となったため、発売を見合わせている。また、三陸鉄道は2014年4月6日に全線運転再開したが、本きっぷの発売再開については未定である。
  • おれんじ18フリーきっぷ肥薩おれんじ鉄道[19] - 青春18きっぷを呈示すると、2,060円(通常の一日フリー乗車券は2,880円)で全線の乗降が自由となる乗車券を発売している。

上記のほか、北近畿タンゴ鉄道では2007年春から2009年1月までの間、青春18きっぷを呈示すると、全線の乗降が自由となる「KTR青春フリーきっぷ」を500円で発売していた。 一方、関釜フェリー[20]では、青春18きっぷを呈示すると割引となる。

書籍など

青春18きっぷを活用する方法などを記した書籍は多数出版されている。多くはルールの解説や便利な列車の紹介、モデルコースの案内などで構成されている[16]

かつては、利用できる夜行列車ときっぷの解説をした書籍が多く発行されていたが、インターネットの普及と中高年需要の増加および夜行列車の廃止など列車設定の変容を反映し、中高年向けに旅行プランを提案する書籍(ムックを含む)が増加している[要出典]

脚注

[ヘルプ]

関連項目

外部リンク

[ 青春18きっぷ ]の改訂履歴 出典: 『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/03 21:35)

BIGLOBE百科事典に関するご利用上の注意

Text is available under
the Creative Commons Attribution/Share-Alike License; additional terms may apply.

このページの先頭へ▲